子育て情報『【医師監修】妊娠16週のエコー写真を多数掲載!みんなのエピソードつき』

【医師監修】妊娠16週のエコー写真を多数掲載!みんなのエピソードつき

妊娠16週の赤ちゃんの特徴

妊娠5ヶ月の第1週である「妊娠16週」は、妊娠中期の3週目にあたります。体内では、子宮が子供の頭ほどの大きさになるころです。

このころの赤ちゃんはどのように育っているのかをみていきましょう。

赤ちゃんはどのくらいに成長しているの?

目次

・妊娠16週の赤ちゃんの特徴
・赤ちゃんはどのくらいに成長しているの?
・推定胎児体重は103g前後
・妊娠16週にみられる成長
・みんなの妊娠16週のエコー写真とエピソード
・まとめ
5

推定胎児体重は103g前後

16週に入ったばかりの赤ちゃんの推定胎児体重(EFW※)は、個人差はありますが、103g前後になります。

※妊娠中期以降になると、赤ちゃんは子宮内で手足を曲げているため、身長の推定は困難となります。そこで、赤ちゃんの発育を確認するために、超音波検査で計測される以下の3つの指標[*1]とこれらから算出される推定胎児体重(EFW)が用いられます。

<妊娠16週の基準値>
・頭大横径(BPD):頭の最も大きい横幅…3.29cm前後
・腹囲(AC):お腹の周囲の長さ…10.4cm前後
・大腿骨長(FL):大腿骨の長さ…2.01cm前後

妊娠16週にみられる成長

このころになると、赤ちゃんにとって重要な体の臓器はおおよそできあがっています。皮下脂肪もつきはじめ、筋肉や骨格などの発達が進みます。

頭がまっすぐ立ち、眼が前方を向き、それまで頭の下のほうに付いていた耳も最終的な位置に近くなります。

超音波検査では、羊水を飲み込んだり、呼吸する様な動きが見られることもあります。

※妊娠16週の胎児の特徴やママの体調変化について、詳しくは下記の記事を参照してください。

【医師監修】妊娠16週のママの注意点2つ&赤ちゃんの変化とは?
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1133

みんなの妊娠16週のエコー写真とエピソード

妊娠16週のエコー写真はどんな風に映るのか、気になるママ・パパのために先輩ママ達の妊娠16週当時のエコー写真とエピソードを多数紹介します。

※エコー写真の見方について、詳しくは下記の記事を参照してください。

【医師監修】妊婦健診でもらえるエコー写真の見方が知りたい!超音波検査って何?
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7164
Ainya1989


ainya1989さん(30歳)|https://www.instagram.com/ainya1989/
妊婦健診いってきました!BPD(頭の横幅)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.