子育て情報『【歯科医師監修】赤ちゃんの歯ブラシ人気8選 | 大事な選び方と正しい使い方』

2020年9月10日 17:40

【歯科医師監修】赤ちゃんの歯ブラシ人気8選 | 大事な選び方と正しい使い方

赤ちゃんの歯磨きは「いつから」?

目次

・赤ちゃんの歯磨きは「いつから」?
・「乳歯が生えたら」、まずは習慣づけからスタート!
・「上下の前歯が生えそろったら」、歯ブラシ開始
・どんな歯ブラシを選んだらいい?基準は?
・赤ちゃん用と仕上げ磨き用の2種類を用意する
・歯磨き粉(剤)は最初は使っても使わなくてもOK
・赤ちゃんに歯ブラシを使うときのポイントは?
・(1)頭をしっかり固定。やさしく磨く
・(2)むし歯になりやすい上の前歯はとくに念入りに
・(3)痛い部分に歯ブラシを当てない
・まとめ
・人気の歯ブラシ8選
・赤ちゃん用
・クリニカKid’s ハブラシ
・ピジョン乳歯ブラシはじめてセット
・リッチェル 乳歯ブラシセット
・コンビテテオ はじめて歯みがき
・和光堂 にこピカ ベビー歯ブラシ 自分でみがく用
・仕上げ磨き用
・コンビテテオ はじめて歯みがき 仕上げみがき用
・和光堂 にこピカ ベビー歯ブラシ 仕上げみがき用
・ピジョン Pigeon 仕上げ専用歯ブラシ やわらかめ
881744404


子供がむし歯になるのを避けたいのなら、なるべく早く歯磨きの習慣づけをしたいですよね。赤ちゃんに歯磨きを始めるタイミングはいつなのでしょうか。

「乳歯が生えたら」、まずは習慣づけからスタート!

生え始めの時期は個人差がありますが、生後6~9ヶ月ごろ、乳歯が生え始めたら、まずは歯磨きの習慣づけを始めてみるとよいでしょう。

ただし、この時期は唾液の分泌が盛んなので、まだ歯ブラシを使わなくても歯に汚れはつきにくいです。離乳食の後に湯冷ましを飲ませたり、指でやさしく口の中をこすったり、ガーゼや綿棒などでぬぐってあげればそれで十分です。喉を突かないように見守りながら、歯ブラシをカミカミさせて、その感触に慣れさせてあげてもよいでしょう。

「上下の前歯が生えそろったら」、歯ブラシ開始

これも個人差はあるものの、だいたい1歳のお誕生日を迎えるころに上下の前歯が生えそろってきます。

口が開いたままでいることが多いと、上の前歯は唾液が届きにくいので、一度ついた汚れが自然に落ちにくい傾向にあります。このころから、赤ちゃんの機嫌の良いときを選んで、歯ブラシで磨く習慣をつけ始めるといいでしょう。

どんな歯ブラシを選んだらいい?基準は?

赤ちゃんの歯磨きをするときは、さすがに大人と同じ歯ブラシを使うわけにはいきません。しかし、ドラッグストアに行くと、さまざまな種類の歯ブラシが売られているので、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。最初はどのような歯ブラシを選べばよいでしょうか。

赤ちゃん用と仕上げ磨き用の2種類を用意する

まず、赤ちゃんの歯磨き用の歯ブラシは「2種類」用意しましょう。

ひとつは「赤ちゃんが自分で持ち、口に入れるもの」です。
赤ちゃんが歯ブラシに興味を持ったら、「柄の部分が口の奥まで入らないようにストッパーがついている」ものや、「柄がやわらかくて曲がりやすくなっている」もの、「柄が短く噛んでもへたらないようブラシ部分がシリコン製」のものなどを与えてみましょう。

なお、その時は赤ちゃんが歯ブラシをくわえたまま動き回らないよう注意しましょう。歯ブラシが喉の奥に入り思わぬ事故につながることもあります。

そしてもうひとつ、「親の仕上げ磨き用」の歯ブラシも用意しましょう。こちらは柄が細長く、ブラシ部分が小さめの歯ブラシです。パッケージに「仕上げ磨き用」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.