子育て情報『【医師監修】赤ちゃんの歯ぐずりに効果的な3つの対処法』

2020年9月16日 17:14

【医師監修】赤ちゃんの歯ぐずりに効果的な3つの対処法

「歯ぐずり」って何? いつ起こるの?

目次

・「歯ぐずり」って何? いつ起こるの?
・歯が生える不快感で赤ちゃんがぐずること
・歯が生えてくるときのサインとは
・なんでもかじる
・食欲が落ちる
・よだれが多くなる
・歯ぐずりで試したい対処法3つ
・①冷たいものを与える
・②歯茎のマッサージ
・③歯固めを使う
・最初の歯が生えてきたら
・歯医者さんに診てもらおう
・まとめ
874940152


生後数ヶ月の赤ちゃんの泣く理由がよくわからないとき、「もしかして歯ぐずりなんじゃない?」といわれることがあります。いったい「歯ぐずり」とはどのようなものなのでしょうか。

歯が生える不快感で赤ちゃんがぐずること

最初の乳歯は、個人差はありますが、およそ生後6ヶ月~8ヶ月にかけて、下の中央から生えてきます。歯が生えるときは、歯のまわりの歯茎が赤くなったり、出血したりすることがあります。これが痛かったり、不快だったりするために、ぐずると考えられているのが「歯ぐずり」です。夜泣きの原因のひとつとも考えられています。

歯の生える時期には個人差があるので、赤ちゃんの中には生後3ヶ月ごろに歯ぐずりが始まる子もいます。ただ、多くの場合は生後4~7ヶ月の間に始まることが多いようです。なお、歯の生えるのが多少遅くても心配する必要はありませんが、なかなか生えてこないときは1歳半健診ごろに相談してみると良いでしょう。

赤ちゃんに歯が生える時期などの詳細は、以下の記事も参照してください。

【歯科医師監修】赤ちゃんの歯はいつ生える?遅い時や順番が違う時、むし歯予防について
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7945

歯が生えてくるときのサインとは

歯の生え始めるころには、赤ちゃんに目でみてわかるサインが出始めます。新しい歯のまわりが腫れるだけでなく、下記で挙げるような症状があって、なおかつ他に思い当たる原因もなく機嫌が悪いときは、歯ぐずりの可能性があります。

なんでもかじる

赤ちゃんは歯が生えるときの不快感を、何か硬いものを噛むことで紛らわせようとします。おもちゃや指などをやたらとかじる場合は、歯が生えつつあるのかもしれません。

食欲が落ちる

歯が生えようとしているときに、母乳やミルクなどを嫌がることもあります。もしかしたら歯茎が痛い、または不快で食欲が落ちているのかもしれません。

よだれが多くなる

歯が生え始めるころは、ちょうどよだれの量も増えてくるころです。しかし、まだ赤ちゃんはうまくよだれを飲み込めないので、よだれが口の外に垂れます。これを放っておくと口まわりがかぶれやすくなるので、こまめに拭き取り、スタイをつけてよくとりかえてあげるとよいでしょう。

歯ぐずりで試したい対処法3つ

1149181663


歯の不快感を落ち着かせるためには、いくつかの方法があります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.