子育て情報『【医師監修】寝返り返りはいつできる? できない場合の練習は?』

2020年9月30日 08:13

【医師監修】寝返り返りはいつできる? できない場合の練習は?

寝返り返りって?

目次

・寝返り返りって?
・寝返りから戻ること
・寝返り返りを始める時期は?
・寝返り:生後6ケ月ごろまでにすることが多い
・寝返りをしたら1~2ヶ月ほどで寝返り返り
・寝返り返りができないとダメなの?
・しなくても大丈夫
・ただし、うつぶせの状態になったら目を離さないで
・しない場合は練習したほうがいい?
・特別な練習はいらない。親子で楽しく過ごして
・まとめ
85782513

寝返りから戻ること

「寝返り返り」とは、寝返りをしてうつぶせになった姿勢から、さらに寝返りをしてもう一度あお向けに戻ることを言います。

ただ、医学的に「寝返り返り」という言い方をすることはありません。あくまで一般的に使われている言い回しです。

寝返りと寝返り返りができるようになると、目についた物や場所まで自力で転がって移動できるようになります。赤ちゃんにとっては初めてひとりで動き回れる、楽しい運動だと言えます。

寝返り返りを始める時期は?

寝返り返りは寝返りができるようになってしばらくしたら、できるようになることが多いでしょう。

寝返りやお座りが始まる時期の目安とともに、寝返り返りが始まるおおよその時期を紹介します。

寝返り:生後6ケ月ごろまでにすることが多い

寝返りが始まる時期は、赤ちゃんによって違います。

赤ちゃんの発達についてよく参照される「デンバー発達判定法DENVERⅡ」によると、25%の赤ちゃんは、生後3ヶ月ごろから寝返りができるようになります。その後、生後5ヶ月過ぎで75%の赤ちゃんが、生後6ヶ月くらいではほとんどの赤ちゃんが寝返りを始めるようになります[*1]。

ただし、この時期はあくまで目安で、生後6ヶ月を過ぎてから寝返りをするようになる赤ちゃんもいます。

寝返りをしたら1~2ヶ月ほどで寝返り返り

赤ちゃんによって個人差が大きいですが、寝返り返りは、寝返りができるようになってしばらくしたらし始めることが多いでしょう。

最初に解説したように寝返り返りは医学的な言葉ではなく、いつし始めるかについてきちんと調べたものは見当たりませんが、一般的には寝返りができるようになったら1~2ヶ月ほどでできるようになると言われることが多いようです。

寝返り返りができないとダメなの?

寝返り返りができるようにならないと、何か問題があるのでしょうか。

しなくても大丈夫

赤ちゃんの中には、寝返り返りをしないまま、お座りができるようになる子もいます。でも運動発達の上では、寝返り返りをする前にお座りが始まっても何も問題はありません。また、寝返りをして腹ばいの態勢になれないと自分からお座りの態勢をとることは難しいものですが、自分からお座りの態勢はとれなくても、「大人がお座りの態勢まで持っていってあげれば座位姿勢を保てる」場合は、寝返りがまだでもあまり気にする必要はありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.