子育て情報『【医師監修】産後血圧が高いなら放っておかないで!』

2020年10月31日 07:58

【医師監修】産後血圧が高いなら放っておかないで!

高血圧って?

目次

・高血圧って?
・血圧って?
・どのくらいの血圧が高血圧?
・高血圧の症状ってあるの?
・妊娠高血圧症候群は産後に治る?
・妊娠高血圧症候群って?
・基本的には妊娠が終われば改善する
・産褥期は血圧が上がりやすいので要注意
・産後の高血圧の対処法は?
・軽く見ず、引き続き治療を受ける
・食事療法と安静を心がけながら経過に注意する
・育児や家事をがんばり過ぎないで
・まとめ
1197814857


高血圧という言葉はよく聞きますよね。それもそのはず、日本人のおよそ3人に1人は高血圧なのではないかと推計されています[*1]。ただ、よく耳にする割には「どのくらいの血圧が高血圧なのか」「どうして血圧が高いと体に良くないのか」、あいまいな人も多いのではないでしょうか。

まずは高血圧とは何かについて簡単に解説します。

血圧って?

血圧とは、「血液が動脈を流れていく時に、血管の内側にかかる圧力」のことです。

心臓が収縮して血液を送り出した時の血圧を「収縮期血圧(最高血圧)」、心臓が拡張した時の血圧を「拡張期血圧(最低血圧)」といいます。呼び名の通り、最高血圧は高めの数値で、最低血圧は低めの数値となります。

どのくらいの血圧が高血圧?

高血圧の基準は、診察室で測った「診察室血圧」、特殊な血圧測定器で30分または1時間ごとに測定した血圧の平均値にあたる「24時間自由行動下血圧」、家庭で測った「家庭血圧」のそれぞれで違う数値となります。

診察室血圧値の場合は140/90mmHg以上、家庭血圧値の場合は135/85mmHg以上、24 時間自由行動下血圧値の場合は130/80mmHg 以上が、高血圧となります[*1]。

高血圧の症状ってあるの?

高血圧は初期段階であったり、合併症が起こっていない場合は普通、無症状です。

ただし、高血圧が続くと動脈に負担がかかり続けるため、脳や肝臓、目の網膜に悪い影響を与えます。特に脳梗塞や腎不全、眼底出血、心不全などの合併症が起こりやすくなります。

また血圧がかなり高いと、頭痛やめまい、肩こりなどが起こりやすくなります。その他にも運動障害やしびれなど、様々な症状が起こることもあります。

この後詳しく解説しますが、なんらかの原因で妊娠中に高血圧となる「妊娠高血圧症候群」が産後も治らずに続いている場合は、脳出血が起こりやすくなっています。この脳出血が原因で頭痛が起こることもありますが、産後の脳出血は、発症と同時に意識を失うことが多いようです。また、頭痛に、片麻痺や言語障害、立てない・歩けない、視覚障害などを伴うこともあります。

このように、高血圧は始めは無症状でも、気づかないうちに全身に影響が及び、命に関わることがある怖い病気なのです。

妊娠高血圧症候群は産後に治る?

さて、高血圧といえば、妊娠中に「妊娠高血圧症候群」という病名を耳にしたことがあるかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.