子育て情報『新生児の呼吸数って?正常範囲と注意点』

2020年10月29日 18:06

新生児の呼吸数って?正常範囲と注意点

をしています。そのためお腹が張ると呼吸が苦しくなることも。

おむつや洋服でお腹をしめつけた場合も、同様に苦しくなってしまうことが考えられます。おむつを当てるとき、服を着せるときは、お腹をしめつけないようにしましょう。

仰向けで寝かせる

乳幼児突然死症候群(SIDS)は、仰向けよりもうつぶせで寝かせたときの方が発生率が高いことがわかっています。何か事情があって医師からうつぶせ寝を勧められているのでなければ、赤ちゃんの顔が見える仰向けで寝かせるようにしましょう。睡眠中の窒息事故の予防にもつながります。

まとめ

新生児の呼吸数はもともと大人よりもだいぶ多いもの。時々無呼吸になることや、呼吸が不規則になることも珍しくありません。これらは普通、成長に伴っておさまっていくもので、赤ちゃんが元気で機嫌がよく、すぐに通常の呼吸に戻るようなら心配ありません。ただ、呼吸困難の症状として呼吸数が多くなることもあります。心配なときは呼吸数とほかの症状をチェックし、具合が悪そうな様子や気になることがある場合はすぐに受診しましょう。

新生児の呼吸数って?正常範囲と注意点
この記事の監修ドクター 大越陽一先生
杏林大学医学部卒業、杏林大学医学部小児科学教室任期助教、埼玉県立小児医療センター循環器科医長を経て現在アルテミスウィメンズホスピタル小児科部長。小児科専門医

(文:佐藤華奈子/監修:大越陽一先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]医師国家試験のためのレビューブック小児科2017-2018, p27, メディックメディア, 2017.
[*2]時事メディカル「乳幼児の呼吸器系の発達」
https://medical.jiji.com/medical/033-0004-99
[*3]広島県医師会「子どもサポーターズ小児科 呼吸が苦しそうなとき」
http://www.hiroshima.med.or.jp/kodomo/pediatrics/012444.html
[*4]日本小児科学会「こどもの救急」
http://kodomo-qq.jp/index.php?pname=seki

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.