子育て情報『「着床出血」で鮮血が出ることはある?出血の原因を解説』

「着床出血」で鮮血が出ることはある?出血の原因を解説

着床出血はどんな色?

目次

・着床出血はどんな色?
・鮮血が出ることも
・着床出血かどうかは症状だけではわからない
・「適切な時期」に妊娠検査薬を使ってみよう
・基礎体温を確認してみても
・着床出血ではない場合の原因
・「短めの生理」だった可能性
・不正出血の可能性も
・まとめ
1192395781


妊娠を待ち望んでいる人の間でよく話題になる「着床出血」。なぜなら、妊娠によって生じる目に見える体の変化としては、もっともはやい時期に起こるものだからです。この着床出血は「鮮血」のこともあるのでしょうか。

鮮血が出ることも

着床出血で「鮮血」が出ることも、中にはあるようです。ただ、「淡いピンク色」や「濃い茶色」に見えると言われることのほうが多いです。着床出血では生理に比べて出血の量が少ないので、おりものに少量の血液が混じったことでピンクに見えたり、生理のようにどんどん出血するわけではないので、出血後時間が経ったものが排出されることで茶色に見えたりすることが多いのでしょう。

出血が起こる期間も着床出血の場合は短めで、続いたとしてもだいたい3日間程度で収まるようです。なお、実は着床出血なしで妊娠する人のほうが多いと言われています。着床出血についてくわしくは、下記の記事も参照してみてくださいね。

【医師監修】着床出血 | 量や色、痛み、症状などの疑問まとめ
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1149

着床出血かどうかは症状だけではわからない

さて、着床出血の色について最初に説明しましたが、そもそも、「生理前の鮮血=着床出血」とは限りません。あとで説明しますが、いつもより短めの生理や不正出血と見た目だけでは区別がつかないからです。

その出血が着床出血かどうかは、どのように調べればよいのでしょうか。

「適切な時期」に妊娠検査薬を使ってみよう

もっとも簡単なのは「妊娠検査薬」を使ってみることです。ただし、注意しなければいけない点があります。妊娠検査薬を使用するタイミングが早すぎると、「実際は妊娠しているのに、妊娠していないと判定される(偽陰性)」可能性があることです。

通常タイプの妊娠検査薬を使うなら、生理開始予定日の1週間後(妊娠していた場合、妊娠5週に当たる)以降であれば、こうした偽陰性と判定される可能性は低くなります。くわしくは下記の記事も参照してください。

【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK?早く使える検査薬と注意点
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7766

基礎体温を確認してみても

普段から基礎体温をチェックしている人なら、その記録から妊娠の有無を推測することもできます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.