子育て情報『「ママがいい!」そんな時はグミとガチャガチャに頼るパパ #共働き夫婦のセブンルール』

2020年10月22日 14:30

「ママがいい!」そんな時はグミとガチャガチャに頼るパパ #共働き夫婦のセブンルール

目次

・7ルール-1 朝の息子のお世話は夫婦で分担
・7ルール-2 週末は家族の時間を持つ
・7ルール-3 自分の機嫌は自分で取る
・7ルール-4 やりたいことは何でもやらせる
・7ルール-5 徹底的な掃除・整理整頓は夫が担当
・7ルール-6 [妻]朝か夜は自分時間を確保する
・7ルール-7 [夫]パパならではの遊びをする
・彼らの7ルールを一言で言うと……?
5d6a8055


【左】千野浩二さん(仮名/36歳/IT・Web関連)【右】千野順子さん(仮名/36歳/広告関連)

「穏やかそうなご夫婦だな」

私が千野さん夫婦に抱いた、第一印象だ。

2016年に職場結婚をした2人には、現在4歳の男の子がいる。それぞれ違う部署に所属していて、夫の浩二さんはWeb関連の営業、順子さんは広告営業を経験したのち、産休・育休を経て職場復帰。現在は、広告営業をサポートする企画制作の業務を担当している。

「ルールっていうルールは、本当にないんですよ。でも夫婦間はうまくいっていて」と苦笑しながら話す千野さん夫婦だけど、話を深く掘り下げていくと、「取り決めはしていないけれど、気が付いたらそういう流れになっていた」というルールがいくつも出てきた。

それは2人の間にできた、暗黙の了解。ルールを明確にしていない千野さん夫婦が、どういう価値観で育児を行っているのか、夫婦間にケンカは起きないのか。2児のワーママである私は、聞かずにはいられなかった。

7ルール-1 朝の息子のお世話は夫婦で分担

千野さん夫婦の朝は、大人が先に朝食を済ませ、そのあとに子どもを起こす手順。そんな毎朝のルーティンにも、役割分担があった。

「7時40分に息子を起こすんですが、その担当は僕。妻だと、なぜか息子がぜんぜん起きてくれなくて(笑)。くすぐったり、歌ったりして起こすんですが、息子は朝から大笑いして起きてくれます。起きたあとに少し遊ぶこともあるけど、僕の出番は基本ここまで。出社するために、そのあと家を出ないといけないんです」(浩二さん)

「彼は息子を起こすのが本当にうまくて、そこは任せています。私はその間にできることを進めている感じですね」(順子さん)

5d6a7935


「寝起きからガッツリ息子を笑わせます(笑)」と話す浩二さん。機嫌よく起きてくれると、そのあとの支度がスムーズなので、順子さんは助かっているそう。

浩二さんが息子を起こしている間に、順子さんは息子の食事を準備。ゴキゲンで起きた息子を順子さんがリビングに運び、朝食を食べさせているのを見届けたら、浩二さんが出社。その後、順子さんが息子の身支度を済ませ、保育園に送り届ける。夫婦の身支度がすでに終わっていることと、2人の流れるような連係プレーで、朝から準備にバタつくことは少ない。

帰りが終電近くになることの多い浩二さんにとって、朝は一日のうちで子どもと触れ合える唯一の時間。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.