子育て情報『【共働き夫婦のセブンルール】夫婦コミュニケーションはバイオハザード!泥沼のケンカから生み出した黄金ルール』

2020年11月24日 18:00

【共働き夫婦のセブンルール】夫婦コミュニケーションはバイオハザード!泥沼のケンカから生み出した黄金ルール

目次

・7ルール-1 親同士の意見は違ってもいい
・7ルール-2 夫婦のコミュニケーションはバイオハザード
・7ルール-3 ひとり時間を死守する
・7ルール-4 育児・家事スキルは同じにする
・7ルール-5 [夫] ひとりっ子の娘にとって、親と友だちの役割を担う
・7ルール-6 お金よりも時間を大切にする
・7ルール-7 娘が興味を持った本はすべてそろえる
・彼らの7ルールを一言で言うと……?
5n9a0060


【左】山下留美さん(仮名/39歳/IT・事務)【右】山下秀介さん(仮名/38歳/広告・編集)

夫婦のルールといっても、そう簡単にできるものじゃない。むしろ、苦しみ、ぶつかり合い、窒息寸前の泥沼のようなところから、ようやく生み出された光であるはずだ。

山下さん夫婦の7ルールも、そうして作られたものだ。

広告・編集の仕事に就く秀介さんが32歳、IT・事務職の留美さんが33歳のときに結婚。留美さんは翌年に出産し、現在、保育園に通う5歳の娘さんがいる。娘さんが3歳までは、留美さんは時短勤務していたが、今では夫婦ともにフルタイムの共働き世帯だ。

インタビューではお互いに言いたいことを言い合う、気さくで仲のよい夫婦という印象だった。しかし、そこに辿り着くまでには紆余曲折があったという。いやぁ、ですよね、育児と仕事の両立が、きれいごとだけで済むはずがない! そんな共感を抱きながら、2人がまさに血の滲むような努力の末に生み出した、夫婦の7ルールを聞いた。

7ルール-1 親同士の意見は違ってもいい

これはいきなり、沼が深そうなルールだ。聞くと、山下さん夫婦も以前は、「親同士の意見を合わせたほうが、子どもが混乱しなくていい」という世間一般的な考えを持っていたそう。ところが現実では、これをやろうとすると夫婦ケンカが絶えなかった。

「子どもの前でもケンカするから、娘が気を遣って、僕らの手を握らせようとしていました。そんな健気な姿を見て一応、仲直りはするんだけど、どうしてもわだかまりが残る。要するに、親の意見を合わせようとすると、どうしても夫婦どちらかの意見に無理やり合わせなくちゃいけないのが問題。それならもう、親の意見が違ってもいいじゃない、と思うようになりました」(秀介さん)

「怖い顔しながら納得したフリしてもしょうがないよね、って。子どもも5歳くらいになると、いろんな意見の人がいるということがわかってきます。娘も『これはお父さんのほうが正しいけど、これはお母さんの意見のほうがいいと思う』とか言うようになって、自分で考えるクセがついてきたような気がします」(留美さん)

5n9a0141


「夫婦が同じ意見でなくてもいい。いろいろな考え方があることを、娘にも知ってほしい」と話す留美さん。

山下さん夫婦は、お互いに自分の意見をはっきり持っていて、ケンカをすれば根に持つタイプ。子どものことを考えれば、親の意見は合わせたほうがいいのか、それとも将来、多様化が進む社会に出たときのためにも、人にはそれぞれ違う考えがあるということを学ばせたほうがいいのか、その正解はわからない。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.