子育て情報『ベビー布団っていつまで使う?メリットと選び方』

2021年7月6日 16:26

ベビー布団っていつまで使う?メリットと選び方

ベビー布団はいつまで使える?

目次

・ベビー布団はいつまで使える?
・サイズによって差があるが就学前までが目安
・ベビー布団を使うメリット
・赤ちゃんの安全・安眠を確保
・使ってよかった! ベビー布団の実用例
・簡単に洗えていつも清潔に使える
・別々の布団でぐっすり寝られる
・ベビー布団の選び方
・生活スタイルにあわせて選ぼう
・まとめ
908953290


赤ちゃんのためのベビー布団は、敷布団、掛布団、枕の3点セットが一般的です。そのほか、キルトパッドや防水シーツがついている商品もあります。サイズを選べば、意外と長く使えますよ。

サイズによって差があるが就学前までが目安

ベビー布団のサイズは、90×60cmのミニサイズと、120×70センチの通常サイズが一般的です。

出生時の赤ちゃんの平均身長は、約50cm。ミニサイズ布団の半分くらいですね。2歳頃には平均身長は85cm程度になるため、ミニサイズのベビー布団であれば0~1歳児に使用できるでしょう。

通常サイズのベビー布団は縦が120cmありますから、平均身長が115cm程度になる6歳までは使えます。

子どもの体格によって差が出ますが、おおよそ就学前までは使えると考えてよいでしょう。

ベビー布団を使うメリット

1170635159


出産前にベビー布団を用意する人が多いかと思いますが、なかには「買ったけれどあまり使わなかった」という先輩ママもいます。しかし、ベビー布団にはメリットがたくさんあります。

赤ちゃんの安全・安眠を確保

ベビー布団の敷布団は、大人用と比べるとかためにできています。これは、やわらかい赤ちゃんの骨格を保護するとともに、窒息の危険を減らすためです。布団がやわらかすぎると、寝返りをうったあとにうつぶせになった赤ちゃんの呼吸を妨げてしまう恐れがあります。

掛け布団は、顔にかかってしまったときに呼吸を妨げず、赤ちゃんの力でも払いのけられるように、とても軽い素材でできており、安心です。

また、赤ちゃんは大人と比べて新陳代謝が活発でよく汗をかきます。吸湿性、通気性にすぐれた素材を使用しているベビー布団は、赤ちゃんの安眠につながります。

ベビー布団に寝かせて赤ちゃんの専用スペースをつくってあげることで、大人が寝返りをうった際に赤ちゃんが下敷きにならないという利点もあります。

さっとお昼寝させたいときにも便利ですし、ベビーベッドを使う方は必需品です。保育園に行く予定があればお昼寝布団も必要になりますので、用意しておくとよいでしょう。

使ってよかった! ベビー布団の実用例

1194209300


実際にベビー布団を使ってよかった!という声をあげてみましょう。

簡単に洗えていつも清潔に使える

赤ちゃんは、寝汗をよくかきます。また、おしっこやうんちがオムツから漏れたり、ミルクを吐いてしまったりと、赤ちゃんの布団は汚れやすいものです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.