子育て情報『離乳食時期の赤ちゃんとのお出かけテクニック』

2021年1月28日 10:37

離乳食時期の赤ちゃんとのお出かけテクニック

外出するときの離乳食、どうする?主な5つの選択肢

目次

・外出するときの離乳食、どうする?主な5つの選択肢
・選択肢1 離乳食のお弁当を持っていく
・「お弁当持参で外出」ポイントは?
・保温ジャーは?
・選択肢2 ベビーフードを持っていく
・「ベビーフード持参で外出」ポイントは?
・温めなくてもいける?
・選択肢3 飲食店のものを食べさせる
・「飲食店で食事」ポイントは?
・気をつける料理は?
・選択肢4 軽食を食べさせる
・「軽食を食べさせる」ポイントは?
・軽食だと栄養が心配?
・選択肢5 授乳のみで済ませる
・「外出中は授乳のみ」ポイントは?
・何日か離乳食をお休みしてもいい?
・外出時の離乳食、オススメ“おやき”レシピ
・チーズが香る じゃがおやき(離乳後期〜)
・もやしとシラスのチヂミ風おやき(離乳後期〜)
・長芋とかぼちゃのお焼き(離乳後期〜)
・まとめ
108921204


外出の予定が赤ちゃんの食事の時間と重なる場合、みなさんはどうしていますか?

以前は授乳だけで済んでいた赤ちゃんも、離乳食が始まると食事の準備が必要になります。外出の際の離乳食の主な選択肢には以下のようなものがあります。

1お弁当を持参
2ベビーフードを持参
3飲食店で食事
4軽食で済ませる
5授乳のみで済ませる

選択肢1 離乳食のお弁当を持っていく

1136152093


まず考えられるのが、いつも自宅で食べている離乳食を容器に入れ、持ち出す方法。食べ慣れた手作りのメニューを食べさせられるという面ではいいですね。

「お弁当持参で外出」ポイントは?

離乳食のお弁当だと、保存状態やどう持っていけばいいかなどに悩む保護者の方もいるでしょう。
食中毒予防の基本は菌を「つけない・増やさない・やっつける」です。離乳食のお弁当の場合でも、これが当てはまります。

・清潔な状況で調理したものを、衛生的な容器に入れる(つけない)
・低温で持ち歩き、早めに食べさせる(増やさない)
・食べる前に電子レンジなどで温める(やっつける)

「家を出てからしばらく食事の時間が取れない」「レンジが使えるかわからない」などの場合は、お弁当以外の選択肢を考えるといいでしょう。

保温ジャーは?

2979739 s


保温できる容器で持ち出すという方法もありますが、入れる食べ物の量や温度などによっては腐敗のリスクがあります。説明書をよく読んで正しい使い方を確認しましょうね。

選択肢2 ベビーフードを持っていく

Gettyimages 504062147 612x612


お弁当は保冷などに気をつけなければいけませんが、その点、常温保存可能な市販のベビーフードは便利でしょう。

「ベビーフード持参で外出」ポイントは?

「外出の時に初めて市販のベビーフードを食べさせてみたら、慣れない味だったためか全く食べてくれなかった」というケースもあるようなので、自宅で何度か試してみるといいかもしれませんね。開封前ならば保存もききますので、急な外出でも慌てないようにストックしておくのも手です。

温めなくてもいける?

1148659666


ベビーフードのレトルトパウチ製品、瓶やカップに入った製品などは、食べる前に加熱しなくても開けてそのまま食べることができますよ。冬の寒い時期であれば、茶碗などに入れたお湯に開封前のベビーフードを入れても、ほんのり温められます。

選択肢3 飲食店のものを食べさせる

Gettyimages 1047136142 612x612


飲食店で大人が食事をする場合、そこで赤ちゃんの食事まで済ませる方法もあるでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.