子育て情報『【子どもに聞かれて説明できる?】ウイルスと細菌って何が違うの?『科学の教養365』』

2021年1月28日 16:30

【子どもに聞かれて説明できる?】ウイルスと細菌って何が違うの?『科学の教養365』

ウイルスと細菌はなにがちがうの?

目次

・ウイルスと細菌はなにがちがうの?
・これがヒミツ!
・ひとつの細胞でできている細菌
・細胞をもたないウイルス
・さまざまな病気を引きおこす細菌とウイルス
・書籍『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』について
1219489320

【子どもに聞かれて説明できる?】ウイルスと細菌って何が違うの?『科学の教養365』

これがヒミツ!

ひとつの細胞でできている細菌

【子どもに聞かれて説明できる?】ウイルスと細菌って何が違うの?『科学の教養365』


細菌は、大きさが1000分の1~100分の1mmほどで、ひとつの細胞だけでできている単細胞生物です。細菌には、チーズやヨーグルトづくりに利用される乳酸菌など、人間の役に立たつ種類もいます。

細胞をもたないウイルス

一方、ウイルスの大きさは細菌よりとても小さく、からだのしくみも細菌よりずっとかんたんです。自分の力では増えることができず、ほかの生きものの細胞に入って数を増やします。

さまざまな病気を引きおこす細菌とウイルス

細菌とウイルスは、どちらも病気の原因となります。とくにウイルスは、インフルエンザウイルスやコロナウイルスなどが大規模な流行を引きおこすことがあります。

書籍『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』の抜粋記事をすべて読む
https://woman.mynavi.jp/kosodate/keyword/3726

書籍『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』について

子どもの好奇心と探求心を育て、パパやママといった大人も楽しめる1冊。身近な科学のギモンを「食べ物」「生き物」「宇宙・地球」「からだ」「しぜん」「もののしくみ」「発明」の7つのジャンルに分け、イラストや図解、クイズを用いてわかりやすく解説。1日1ページ読むだけで科学の知識が自然と身につきます。漢字には全部ふりがながふってあるので、読むのが苦手な子でも安心して読むことができますよ。

監修者プロフィール 千葉和義さん
お茶の水女子大学 理学部生物学科教授、サイエンス&エデュケーションセンター センター長。生物学科の学生や大学院生たちと、ヒトデ卵の減数分裂と受精機構(発生生物学)を研究すると同時に、理科教育と科学コミュニケーションの振興活動に従事している。
(文:『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』(SBクリエイティブ)より一部抜粋/マイナビウーマン子育て編集部)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.