子育て情報『【知らないと恥ずかしい】子どもから「はやぶさって何で宇宙に行ったの?」と聞かれたときの答え方』

2021年1月27日 19:30

【知らないと恥ずかしい】子どもから「はやぶさって何で宇宙に行ったの?」と聞かれたときの答え方

【3択クイズ】はやぶさはなにを調べにいったの?

目次

・【3択クイズ】はやぶさはなにを調べにいったの?
・これがヒミツ!
・目標は小惑星イトカワ
・小惑星のつぶをはじめて持ち帰る
・はやぶさ2も地球に帰還
・書籍『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』について
【知らないと恥ずかしい】子どもから「はやぶさって何で宇宙に行ったの?」と聞かれたときの答え方

1198099008

【知らないと恥ずかしい】子どもから「はやぶさって何で宇宙に行ったの?」と聞かれたときの答え方

これがヒミツ!

目標は小惑星イトカワ

太陽のまわりをまわる小惑星は、たくさん見つかっていますが、あまりくわしいことはわかっていません。そこで、小惑星イトカワを調べるために2003年に打ち上げられたのが、小惑星探査機はやぶさです。

小惑星のつぶをはじめて持ち帰る

それまでの小惑星探査は、映像などを無線で地球に送るだけで、本体がもどってくることはありませんでした。はやぶさはイトカワに着陸し、小惑星から粒子を持ち帰ることにはじめて成功しました。

はやぶさ2も地球に帰還

はやぶさが持ち帰った粒子は、いまも世界中で分析されています。また、新しい探査機はやぶさ2も、小惑星リュウグウの探査を終え、2020年に帰ってきました。

書籍『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』の抜粋記事をすべて読む
https://woman.mynavi.jp/kosodate/keyword/3726

書籍『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』について

子どもの好奇心と探求心を育て、パパやママといった大人も楽しめる1冊。身近な科学のギモンを「食べ物」「生き物」「宇宙・地球」「からだ」「しぜん」「もののしくみ」「発明」の7つのジャンルに分け、イラストや図解、クイズを用いてわかりやすく解説。1日1ページ読むだけで科学の知識が自然と身につきます。漢字には全部ふりがながふってあるので、読むのが苦手な子でも安心して読むことができますよ。

監修者プロフィール 千葉和義さん
お茶の水女子大学 理学部生物学科教授、サイエンス&エデュケーションセンター センター長。生物学科の学生や大学院生たちと、ヒトデ卵の減数分裂と受精機構(発生生物学)を研究すると同時に、理科教育と科学コミュニケーションの振興活動に従事している。
(文:『1日1ページで身につく イラストでわかる 科学の教養365』(SBクリエイティブ)より一部抜粋/マイナビウーマン子育て編集部)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.