子育て情報『【発達を促すあそび2選】けんけん押し相撲/手つなぎくるりんぱ『0~2歳 あそびかた事典』』

2021年4月2日 11:00

【発達を促すあそび2選】けんけん押し相撲/手つなぎくるりんぱ『0~2歳 あそびかた事典』

<<『0~2歳 あそびかた事典』でほかのあそびを見る>>

【3歳・けんけん・スキップができる/自律性が育つ】けんけん押し相撲

目次

・【3歳・けんけん・スキップができる/自律性が育つ】けんけん押し相撲
・あそび方のコツは?
・ここを伸ばそう!
・【3歳・けんけん・スキップができる/意欲が育つ】手つなぎくるりんぱ
・あそび方のコツは?
・ここを伸ばそう!
・あそぶときの注意
・書籍『0~2歳 あそびかた事典』について
09 1


地面に円をかき、二人で円の中に向かい合って片足で立ちます。けんけんしながら手で押し合ったり引っぱったりして、両足をつくか円から出たら負け。手を後ろで組み、肩でぶつかり合ってもOK。

あそび方のコツは?

子どもと同じくらいの力加減を意識して。押したり引いたりする駆け引きを楽しみましょう。

ここを伸ばそう!

片足立ちの不安定な状態でバランスをとることで、身体バランスと体の調整力が高まります。

【3歳・けんけん・スキップができる/意欲が育つ】手つなぎくるりんぱ

09 2


向かい合って立ち、お互いの手首をつかんで握ります。「ママのおへそを蹴っとばして」と大人の脚に足をかけさせおなかまで登ったら、足を蹴るようにしてグルンと回転させます。着地したら手を離します。

あそび方のコツは?

うまく登れないときは、正座した状態でひざから胸へと登る練習をするとよいでしょう。勢いも大事!

ここを伸ばそう!

全身の筋肉をバランスよく使い、運動能力を伸ばします。鉄棒でも逆上がりをする前の練習にもなります。

<<『0~2歳 あそびかた事典』でほかのあそびを見る>>

あそぶときの注意

●オモチャや物を使うあそびでは、誤飲、刺さる・ぶつかるなどのケガにとくに注意してください。

●運動系のあそびは、周囲にぶつかりそうな物がないか・人がいないかを確認し、平らなところで実施してください。落下に注意してください。

●どの動きも勢いをつけすぎず、子どもの様子を見ながらゆっくり・やさしく行ってください。

●無理はせず、子どもが自らやることをアシストするような姿勢でサポートしましょう。

●興味を示さないあそびは、無理やりやらせず、時間をおいて試してください。

書籍『0~2歳 あそびかた事典』の抜粋記事をすべて読む
https://woman.mynavi.jp/kosodate/keyword/3733

書籍『0~2歳 あそびかた事典』について

特に0~3歳の乳幼児期に育まれると、将来的な成功や健全な生活につながると言われている「非認知能力」。本書では、非認知能力を伸ばす遊びを7つに分けて紹介しています。

<非認知能力を伸ばす遊び>
●自信が育つ●意欲が育つ●自律性が育つ
●協調性が育つ●好奇心が育つ●やる気が育つ●思考力が育つ

楽しみながら、子どもの心身の発達を促すことができ、おうち遊びに悩んでいるパパ・ママに、ぜひおすすめです!

著者プロフィール 竹内エリカさん
幼児教育専門家。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.