子育て情報『【#25】保育園のイメージがガラリ!専業主婦3姉妹ママの保活体験談 byおおもりなつみ』

2020年11月5日 00:00

【#25】保育園のイメージがガラリ!専業主婦3姉妹ママの保活体験談 byおおもりなつみ

登場人物

ママ/なつみ:とにかく面倒くさがり屋のB型
パパ/ゆたか:女子力高い雑学王な子煩悩がすぎるパパ
さっちゃん:2017年7月生まれ。お歌大好き元気で明るい気分屋さん
れーちゃん:2018年11月生まれ。お姉ちゃん大好きパパっ子。お姉ちゃんに冷たくされると大泣きなちょっと大袈裟さん
しーちゃん:2020年4月生まれ。お姉ちゃんたちに可愛がられてすくすく成長中!

さっちゃん、初めての…?

3歳、1歳、0歳の年子3姉妹を育てているずぼらママです。
今回は我が家の保園事情についてお話したいと思います。

目次

・さっちゃん、初めての…?
・著者情報


【#25】保育園のイメージがガラリ!専業主婦3姉妹ママの保活体験談 byおおもりなつみ


わたしは専業主婦ですが、長女さっちゃんは幼稚園の2歳児クラスに毎日、次女れーちゃんは一時保育に週3日通っています。

【#25】保育園のイメージがガラリ!専業主婦3姉妹ママの保活体験談 byおおもりなつみ


長女・さっちゃんの妊娠を機に仕事を辞め、専業主婦として子どもを育て始めた当初、"他者に保育してもらうこと"に罪悪感を感じていました。
保育園は働いていないと利用できないと勘違いしていたことや「3歳児神話(※)」にとらわれていたことが要因です。

(※)「3歳までは母親が子育てに専念すべきだ」という考え方。

【#25】保育園のイメージがガラリ!専業主婦3姉妹ママの保活体験談 byおおもりなつみ


しかし我が家の場合、さっちゃんが生まれてすぐに次女れーちゃんを妊娠しました。年子の子育ては大変だと思い、妊娠・臨月をきっかけにさっちゃんを預かってもらえる場所を探すことにしました。

【#25】保育園のイメージがガラリ!専業主婦3姉妹ママの保活体験談 byおおもりなつみ


支援センターで職員の方に周辺の施設の話を聞き、チラシなどを見て情報を得ました。
幸いにもとても雰囲気のいい小規模の一時保育所が近所にあることを知りました。実際に見学に行ってみると先生方の人柄がとてもよかったので、勇気を出して通わせることに決めました。

かわいい我が子を保育所で預かってもらうことに不安を抱きながら迎えた登園初日。さっちゃんも寂しそうに泣いていました。後ろ髪引かれる思いで自宅に帰り、そわそわと不思議な気持ちでひとりの時間を過ごしていたのを覚えています。

「まだ泣いていたらどうしよう。」と思いながら迎えに行きましたが、本人はもう泣いていませんでした。幼いながらに気持ちの切り替えができていることに驚き、成長している姿に感激しました。

【#25】保育園のイメージがガラリ!専業主婦3姉妹ママの保活体験談 byおおもりなつみ


保育所では同じ年頃の子がいるのでいろいろな刺激をもらえるようです。まだお友達とうまく関われない年齢でも、他者を見てさまざまなことを学んでいるように感じます。大きくなるにつれてお友達を意識して名前を呼ぶようになり、先生のことを信頼して離れたくないと泣く我が子を見て、その成長に寂しさを感じるほどでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.