子育て情報『自分で考えられる子に育つ! 子どもの自立に有効なママのリアクションはどっち?』

2017年8月28日 11:00

自分で考えられる子に育つ! 子どもの自立に有効なママのリアクションはどっち?

目次

・転んで泣きだしたときには…
・かけよって抱きしめる
・自分で起きるのを待つ
・電車の中でぐずりだした…
・言い聞かせる
・あやす
・高いところのものをとろうとして落とした…
・叱る
・危なくない環境にする
・疲れているときに遊んでほしがる
・がんばって遊ぶ
・ごめんねしてパス
自分で考えられる子に育つ! 子どもの自立に有効なママのリアクションはどっち?


日々の育児でありがちなシーンの数々。ママの対応に絶対の正解はありませんが、より子どもの自立に有効なのは?という視点で、幼児教育の専門家である田宮先生に“子どもの自立心を育むための有効度”の目安つきでアドバイスしていただきました。★★★がもっとも効果的なママの対応になります。あなたが普段とりがちなリアクションはどっち?

転んで泣きだしたときには…

いきなり走りだしたと思ったら、石につまずいてハデに転倒。ひざを打って血がにじんでる!子どもはびっくりしたのと痛いのとで、大きな声で泣きだしました。こんなときは、すぐにかけよって抱きしめてあげたほうが、自立の勇気を育むのでしょうか?

自分で考えられる子に育つ! 子どもの自立に有効なママのリアクションはどっち?

かけよって抱きしめる

有効度:★

抱きしめる対応ももちろんありですが、「自立」を考えるなら、一息おいて様子を見て。立ちあがらないなら無理はさせなくていいのですが、「ひとりで立ちあがってみよう」と思うきっかけをつみとらないように。

自分で起きるのを待つ

有効度:★★★

ひどい傷を負っていないなら、少し見守るのはとてもいいですね。「自分で立てるかな?」と声をかけてもいいでしょう。もし立ちあがったら、がんばったね、と抱きしめてあげて。

電車の中でぐずりだした…

社会のルールを守るのは、自立した大人の基本。多くのママは、迷惑をかけまいとがんばっています。ただ、赤ちゃんに過大な要求をすると、親子ともどもつらくなることに。周囲への申しわけないという態度は大切ですが、ぐずって泣くのは大目に見てあげて。

自分で考えられる子に育つ! 子どもの自立に有効なママのリアクションはどっち?

言い聞かせる

有効度:★

悪いことではないのですが、0~1才の赤ちゃんにはあまり効果がないかもしれません。言い聞かせて理解できるのは2~3才以降。このころから、事前に「静かにしようね」という約束もできるようになってきます。

あやす

有効度:★★

2才ぐらいまでの赤ちゃんが泣くのは仕方のないこと。ただ、ママが開き直ってはいけません。絵本などを使いながら、あやしてあげて。ママの一生懸命な気持ちは、周囲の人々にも赤ちゃんにも伝わるでしょう。

自分で考えられる子に育つ! 子どもの自立に有効なママのリアクションはどっち?

高いところのものをとろうとして落とした…

まずはけががないかどうかを確認する人が大多数。その後の対応は、ママによって「叱る」「危なくない環境にする」と分かれるようです。大人は、赤ちゃんがのびのびと好奇心の芽を伸ばせるように対処してあげたいものですね。

自分で考えられる子に育つ! 子どもの自立に有効なママのリアクションはどっち?

叱る

有効度:★

「だから言ったのに!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.