退院までは何をして過ごすの?お産入院中のママと赤ちゃんのスケジュールを予習しておこう!

2017年11月15日 11:00
 



「無事に出産!」のあとも、数日間はそのまま産院で過ごすことになるママと赤ちゃん。お産入院中って、毎日何をして過ごすのか気になるところですよね。実は退院までの間、医師がママや赤ちゃんの体のチェックをするのはもちろん、退院後にスムーズに育児ができるよう、赤ちゃんのお世話の仕方についても助産師さんたちがいろいろと指導してくれるんです。今回は東京にある成城木下病院を参考に、お産入院中のスケジュールをご紹介していきます。

お産入院0日目/お産当日

(ママの場合)
安静・休息

お産後約2時間はLDRで安静にします。

検温・体温のチェック

検温し、子宮収縮と悪露の量を確認。検温は毎日行ないます。

母子同室

体調がよければお産当日から母児同室も可能。

(赤ちゃんの場合)
点眼

感染症予防で1%の硝酸銀溶液を点眼します。

身体測定

体重・身長などを測定。体重は、毎日はかります。

お産入院1日目

(ママの場合)
回診

入院部屋でおっぱいの様子や子宮の戻り具合を確認します。


シャワー

医師のOKが出たらシャワーは産後翌日から。

育児の実践

授乳やおむつ替えの練習を開始します。

(赤ちゃんの場合)

黄疸チェック

肝臓の働きを調べるための測定器をあてて数値を確認(毎日実施)。

ビタミンK2シロップの服用

乳児ビタミンK欠乏性出血症の予防として。2回目は退院日の朝に。

お産入院2~3日目

(ママの場合)

血液検査

貧血気味ではないかなどを採血でチェック。

調乳指導

粉ミルクメーカーの担当者にミルクの作り方を教わり、栄養面の話を聞きます。

退院指導

助産師から退院後の生活や注意事項の話を聞きます(3~4日目に)。

沐浴指導

沐浴室にて沐浴のやり方を教わります。

アロマトリートメント

カリス成城のセラピストによるアロマトリートメントを受けられます(希望者のみ)。

(赤ちゃんの場合)

小児科医の診察

入院中に新生児専門医師の診察を受けます(成城木下病院の場合は毎週水曜日)。心臓の音、モロー反射、男の子なら睾丸の位置が正常かなど、赤ちゃんの体調や発育に問題がないかをチェック。


聴力検査

耳がきちんと聞こえているかを確認します(3日目に実施)。

お産入院4日目

(ママの場合)

各種検査

尿検査や血圧測定をし、むくみをチェック。

退院診察

医師による退院前の診察を受けます。子宮の戻り具合、悪露の様子を診て、問題がなければ翌日退院です。


お祝い膳

別室でフレンチのディナーがふるまわれます。希望制で家族も食べることが可能(2~4日目の中で設定)。

(赤ちゃんの場合)

必要に応じて検査

赤ちゃんの様子を見ながら追加検査をします。

お産入院5日目/退院日

(ママの場合)

退院準備

母子健康手帳が返され、退院に向けて身の回りを整えます。

(赤ちゃんの場合)

先天性代謝異常の検査

代謝機能に欠かせない酵素に問題がないか、かかとから採血。

※ここで紹介したスケジュールは成城木下病院の入院スケジュール(自然分娩で5泊6日の場合)です。スケジュールは産院によって異なるので事前に確認してください。

医療法人社団九折会 成城木下病院地域に根差した医療で地元住民に愛されてきた成城木下病院。2017年1月に新棟が完成しグランドオープン(設計は隈研吾氏)。産科、婦人科、小児科、内科、乳腺科を掲げ、「質の高い医療、安全で安心な医療」を提供しています。URL:http://www.kinohosp.com/

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.