子育て情報『整理収納アドバイザーが教える!「捨てる」から始めるすっきりキッチンの作り方』

整理収納アドバイザーが教える!「捨てる」から始めるすっきりキッチンの作り方

2018年1月13日 11:00
 

目次

・ごちゃごちゃキッチンの整理収納Before→After
・まずは、物を3分の1捨てることからスタート!
・<キッチンの整理収納のPOINT1>
・<キッチン収納のPOINT2>
整理収納アドバイザーが教える!「捨てる」から始めるすっきりキッチンの作り方


食器やフライパンや調味料など、ついつい出しっぱなしになっていたり、ごちゃっと棚に入れてしまって取りづらかったり、キッチンの収納に悩むママは多いもの。そこで、整理収納アドバイザーにキッチンの整理収納のコツを教えてもらいました。整理収納前のキッチンと、整理収納後のキッチンが比較できる写真つきだから、ポイントがよ~くわかりますよ!

ごちゃごちゃキッチンの整理収納Before→After

まずは、物を3分の1捨てることからスタート!

整理収納アドバイザーが教える!「捨てる」から始めるすっきりキッチンの作り方
最終的にキッチンスペースだけでゴミ袋8袋以上の不用品が出ました。
整理収納を始める際に、そんなに構えなくても大丈夫。極端に頑張ろうとしなくても少しだけ、3分の1だけ捨てると考えれば気楽に始められるはずです。たとえば、似たようなボウルが3つあれば1つは捨てる、家族の人数以上のお皿があれば人数分に減らすなど。結果的に、少ないかな?と思うくらいの量をキープすることでシンプルな生活が送れます。
また、よりシンプルさを追求するなら、物を置きにくい状態をつくってみましょう。キッチンスペースや机の上でもどこでも、物を出しているとついついそこに置いてしまうのが人間心理。ワンランク上のきれいを求めるなら、必要最低限の物だけを出すように心がけてみましょう。

ケース1
調味料スペース&シンクまわりは見せる収納、隠す収納を考える

<調味料収納のBefore>

整理収納アドバイザーが教える!「捨てる」から始めるすっきりキッチンの作り方
Before

よく使うおたまなどの調理道具が中に、見た目がにぎやかな調味料類が外に。何を出して何を出せないかが考えられていない。

<調味料収納のAfter>

整理収納アドバイザーが教える!「捨てる」から始めるすっきりキッチンの作り方
After
よく使う調味料は箱から出してまとめておくと料理の時短になります。

<調味料収納のPOINT>
①オイル類や調味料は隠して収納
②おたまやヘラはよく使うので見せて収納
③細かい調味料は箱から出して使いやすく
物を減らしたわけではなく、調味料と調理器具の収納場所を入れ替えただけ。おたまやヘラなどはシンプルに見せて収納してみて。<シンクまわり収納のBefore>

整理収納アドバイザーが教える!「捨てる」から始めるすっきりキッチンの作り方
Before
配膳がスムーズにできるシンクまわりなのに、物が雑多に置かれてしまいもったいない。ここに置けば「片づけた」という意識になってしまいがち。

<シンクまわり収納のAfter>

整理収納アドバイザーが教える!「捨てる」から始めるすっきりキッチンの作り方
After。(写真右)よく使うもの、アルコール消毒液などはラベルをはがして上手に見せる収納に。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.