子育て情報『生後5ヶ月の「ベビーベッドに置くと気づかれてギャン泣き…」~赤ちゃんの寝ない泣き止まないを解決!~【連載第4回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】』

2017年11月24日 16:00

生後5ヶ月の「ベビーベッドに置くと気づかれてギャン泣き…」~赤ちゃんの寝ない泣き止まないを解決!~【連載第4回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】

目次

・今月の「赤ちゃんの睡眠についてのお悩み」
・“背中スイッチ”が敏感で、授乳後にベビーベッドに寝かせられない!
・子どもの睡眠コンサルタント・愛波 文先生からのアドバイス
・睡眠の土台づくりはできていますか?
・必要回数以外の夜間授乳をやめることからはじめましょう
・赤ちゃんが乳房を探しづらい服装で最初の数日を乗り切って
・睡眠アドバイスを実践してみたママの感想
・ミリー読者のママたちから、赤ちゃんの睡眠お悩みを大募集!
生後5ヶ月の「ベビーベッドに置くと気づかれてギャン泣き…」~赤ちゃんの寝ない泣き止まないを解決!~【連載第4回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】


アメリカのIMPI公認、日本人初の子どもの睡眠コンサルタントとして活動する愛波 文さんの連載の第4回め。科学的根拠に基づいた睡眠のためのメソッドは、赤ちゃんの睡眠まわりの悩みをもつママが実行すると、今まで困っていた問題がすっきり改善すると評判。実際に寄せられた生後5ケ月の赤ちゃんの睡眠についての悩みに、愛波さんが具体的解決策を提案!生後5ケ月、授乳のあとにベビーベッドにそっと置いた瞬間に大泣き…どうすればベビーベッドで長く寝てくれるようになるのでしょうか?

今月の「赤ちゃんの睡眠についてのお悩み」

“背中スイッチ”が敏感で、授乳後にベビーベッドに寝かせられない!

生後5ヶ月の息子がいます。新生児の頃からベッドで添い寝、添い乳をしているのですが最近2時間おきに起きるようになってしまい正直しんどいです。ベビーベッドがあるので、授乳をして抱っこした後にベビーベッドに置いてみるのですが、置いた瞬間に“背中スイッチ”が入り、必ず起きてギャン泣きします。夜中に授乳をしないようにしても泣き叫んであばれてしまいます。どうすればよいのでしょうか?(Cママ・生後5ヶ月男児)

子どもの睡眠コンサルタント・愛波 文先生からのアドバイス

睡眠の土台づくりはできていますか?

ご質問ありがとうございます。毎晩お疲れさまです。
「授乳=寝る」という癖をとっていく必要がありますね。子どもは、寝たときにはおっぱいが口に入っている状態で抱っこされていたのに、起きたらおっぱいがない!と不安になっています。どのようにこの癖をとっていくのがよいのでしょうか?

まず睡眠改善をしていく中で一番大切なのが、「睡眠の土台」を整えることです。「睡眠の土台」に関しては第2回目のこちらで説明しているので参考にしていくださいね。5ヶ月でしたら、まだ決まった1日のスケジュールがないかもしれませんが、これから徐々に日中は朝寝、昼寝、夕寝と3回寝るようになってきます。5ヶ月の活動時間(起きていられる時間)は1時間半ぐらいです。子どもの眠い合図も観察してほしいのですが、1時間半以上起きている場合は疲れすぎで寝ぐずりをしたり、昼寝が短くなってしまったり、逆に興奮しすぎた状態になってしまう可能性が高くなります。疲れる前に寝かしつけをすることがポイントになってきます。

睡眠環境や親子の触れ合いの時間も大切になってきますので睡眠の土台をまず調整してみましょう。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.