子育て情報『赤ちゃんの1ヶ月健診の内容は?平均体重や身長の目安と持ち物、服装【医師監修】』

赤ちゃんの1ヶ月健診の内容は?平均体重や身長の目安と持ち物、服装【医師監修】

2018年1月12日 16:00
 

目次

・そもそも1ヶ月『検診』でなく『健診』なの?
・赤ちゃんの発育が順調かどうかを確認するために行います
・1ヶ月健診は、いつ受けるの?
・生後1ヶ月前後に、出産した医療機関で受けることが多いでしょう
・1ヶ月健診の内容は?どんなことをするの?
・赤ちゃんの発育・発達をさまざまな面から確認します
・どの月齢でも行うこと
・1ヶ月健診で行うこと
・生後1ヶ月の赤ちゃんの平均身長・体重の目安は?
・1ヶ月健診のとき、母親は何を診られるの?
・母体の戻り具合をさまざまチェックします
・1ヶ月健診の持ち物は?保険証は必要?
・1ヶ月健診に持って行くもの
・1ヶ月健診は、どんな服装が適切?
・前あきで、脱ぎ着がしやすい服装が〇
・1ヶ月健診への交通手段でおすすめは?電車でも行ける?
・赤ちゃん連れで動きやすい交通手段を選びましょう
・赤ちゃんはどうやって連れて行く?エルゴで抱っこしていってもいい?
・抱っこでもベビーカーでも、ママが移動しやすいほうでOK
赤ちゃんの1ヶ月健診の内容は?平均体重や身長の目安と持ち物、服装【医師監修】


赤ちゃんを育てていると、健康にすくすくと大きくなってほしい…何よりもそう願いますね。そんな赤ちゃんの成長をチェックするのか、『健診』と呼ばれるものです。どんな目的でどんなことをするのかを知って、きちんと受けておきましょう。

そもそも1ヶ月『検診』でなく『健診』なの?

赤ちゃんの発育が順調かどうかを確認するために行います

赤ちゃんが生まれると、「キー・エイジ」といわれる発達の節目にあたる月齢に、定期健診が実施されます。これは、医師が赤ちゃんをよく観察して、赤ちゃんの発育状況が順調かをチェックしたり、発達の遅れや病気のサインを見逃さないために行います。

「けんしん」というと、よく「検診」と間違えられることが多いのですが、これは特定の病気があるかどうかを調べる検査のこと。「ガン検診」などのように使われます。

一方、赤ちゃんの発育・発達の状況を調べたり、大人の場合は健康かどうかを確認するために行うのは、「健康診断」または「健康診査」を略して「健診」と呼ばれます。

1ヶ月健診は、いつ受けるの?

生後1ヶ月前後に、出産した医療機関で受けることが多いでしょう

生まれたばかりの赤ちゃんが、ママのおなかを出てからの環境に適応しているかを確認し、発育・発達の状況をチェックする目的で行われるのが、1ヶ月健診です。受ける時期は、生まれて4週間から1ヶ月たったころが多いようです。ただし、地域や医療機関などによっても多少違いがあるので、受ける場合はよく確認しましょう。たいていは、出産した産院などの医療機関で行われ、産後の入院中に指定の日が知らされることが多いようです。

1ヶ月健診の内容は?どんなことをするの?

赤ちゃんの発育・発達をさまざまな面から確認します

1ヶ月健診では、赤ちゃんの発育・発達の状態を中心にチェックするため、身体測定のほか、医師が赤ちゃんの全身の様子を見たり、ママに問診をしたりします。

さらに、原始反射の反応をチェックして、中枢神経が発達しているかどうかも確認します。おへそを見てへその緒がどうなっているか、顔や体に湿疹があったり、おしりにかぶれができていないかなど、皮膚の状態も見ます。地域によっては、ビタミンK2シロップの投与も行います。

どの月齢でも行うこと

以下の項目は、健診で基本的に調べること。1ヶ月健診だけでなく、その後の定期健診でも行われます。

身長・体重測定

赤ちゃんの1ヶ月健診の内容は?平均体重や身長の目安と持ち物、服装【医師監修】
発育が順調かどうかを確認するため、一番重要なのが身長と体重の測定です。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.