子育て情報『ノロウイルスに赤ちゃんが感染したときの症状や治療法は?対処法と予防法を詳しく!』

ノロウイルスに赤ちゃんが感染したときの症状や治療法は?対処法と予防法を詳しく!

2018年2月19日 11:00
 

目次

・ノロウイルスとはどんなもの?
・赤ちゃんがノロウイルスに感染するとどんな症状がでるの?
・ノロウイルスの感染力に注意!
・ノロウイルスに赤ちゃんが感染したときどんな治療をする?対処法は?
・赤ちゃんがノロウイルスにかかって嘔吐した!どうすればいい?
・横向きに寝かせて、汚れを取り除く
・吐いたものを片づける
・汚れてもいいバスタオルやシーツなどを用意
・赤ちゃんがノロウイルスに感染したときの食事について
・吐いたあと1~2時間程度は様子をみて
・水分を受けつけない場合は小児科を受診
・ママがノロウイルスに感染したときは?
・赤ちゃんのノロウイルスはホームケアが基本
・赤ちゃんをノロウイルスに感染させないための予防法は?
ノロウイルスに赤ちゃんが感染したときの症状や治療法は?対処法と予防法を詳しく!


赤ちゃんが吐いたり、下痢をしたときに考えられる原因のひとつがノロウイルスの感染です。冬は空気が乾燥してウイルスが活発になるので、感染しやすい季節。赤ちゃんだけでなく、大人も注意が必要です。ノロウイルスに感染したときの症状や対処法、予防について解説します。

ママ100人に聞きました!

お子さんがノロウイルスに感染したことはありますか?
ノロウイルスに赤ちゃんが感染したときの症状や治療法は?対処法と予防法を詳しく!

かかったことがあると答えたママは4割弱。かかったときの年齢もさまざまで、1歳から幼稚園入園まで毎年かかったというケースも。きょうだい、家族で順番にかかってしまったという声もありました。「ちょっと元気がないなと思っていたら突然嘔吐。あわてて病院へ。すぐに薬を飲ませて嘔吐が止まっても、微熱があり、ぐったり。投薬しながらスプーンで少しずつ水分を与え、2日ほどで回復しました」「子どもなのでトイレで吐くことができず、突然、体調が急変するので大変でした。最初に嘔吐で、次に下痢になりましたが、重症化したことはなく、わりと本人はケロッとしていました」「日中は元気だったのに、夕方急に顔色が悪くなり嘔吐。食欲もなくなり、つらそうでしたが、処理をした私も大変で泣きたくなりました」

ノロウイルスとはどんなもの?

下痢や嘔吐を引き起こす胃腸炎のなかでも、ウイルス性と細菌性のものがあり、ノロウイルスはウイルス性胃腸炎の原因となるウイルスです。ロタウイルスやアデノウイルスなどもウイルス性胃腸炎の原因になります。病院では「おなかの風邪」などと言われることもあるでしょう。年間を通して発症する可能性がありますが、とくに流行するのは冬場。乾燥によってウイルスが活性化し、飛散しやすいためだと考えられます。

赤ちゃんがノロウイルスに感染するとどんな症状がでるの?

ノロウイルスが胃腸に入り込むと、おもに嘔吐、腹痛、下痢、場合によって発熱などの症状が出ます。吐いたり、下痢をしたりするとその分水分を失い、脱水症状を起こす可能性があるので、注意が必要です。

ノロウイルスの感染力に注意!

ノロウイルスは感染力がとても強いウイルスです。トイレや嘔吐物からウイルスが飛散することによって、二次感染へとつながります。そのため、保育園や幼稚園など集団生活をする場では、流行する可能性が高くなります。もちろん、家族の間でも二次感染のリスクがあるので、赤ちゃんがノロウイルスにかかったら、ママやパパ、きょうだいなど家族全員が注意しましょう。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.