子育て情報『赤ちゃんの耳掃除はいつから?自宅でのやり方と頻度と注意点!耳鼻科に行くべき?【写真付き解説】』

赤ちゃんの耳掃除はいつから?自宅でのやり方と頻度と注意点!耳鼻科に行くべき?【写真付き解説】

2018年3月7日 19:00
 

目次

・なぜ耳掃除が必要?いつからすればいい?
・赤ちゃんの耳垢に、色やにおいはあるの?
・黒っぽい耳垢が出るのは、新生児期に特有のことです
・耳垢のタイプは、おもに遺伝の影響です
・耳垢のタイプなどによって、においがすることもあります
・赤ちゃんの耳掃除の頻度は?毎日するの?
・耳まわりのケアは毎日しますが、耳垢を取るのは時々でOK
・赤ちゃんの耳掃除のやり方は?綿棒を使っていい?
・自宅で行う赤ちゃんの耳掃除の仕方とポイント
・チェックポイント1耳の穴の入り口
・チェックポイント2耳のみぞ
・チェックポイント3耳の裏側
・赤ちゃん用の耳掃除グッズは何が必要?
・綿棒
・ガーゼ
・病院・耳鼻科に行ったほうがいいのは、どんな時?
・ケース1耳垢栓塞の場合
・ケース2耳から耳だれが出ているとき
・ケース3耳垢が耳の奥に見えて、気になるとき
赤ちゃんの耳掃除はいつから?自宅でのやり方と頻度と注意点!耳鼻科に行くべき?【写真付き解説】


赤ちゃんの体のパーツケアは、「細かい作業が多くて難しそう」という不安を持つママも多いようで、耳掃除もその一つでしょう。でも、赤ちゃんのパーツケアは、赤ちゃんとスキンシップできるいい機会です。耳掃除も慣れるまではちょっとこわいかもしれませんが、何回もトライしてコツをつかめば大丈夫!家庭で耳掃除をするときのポイントや注意点などを知って、赤ちゃんと触れ合いながらきれいにしてあげましょう。

なぜ耳掃除が必要?いつからすればいい?

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで分泌物が多く、耳のまわりは思った以上に汚れやすい場所です。特に、耳のみぞや耳の裏側には汚れがたまりやすいものです。向きぐせで下側になっている耳の中に、湿った耳垢がたくさんたまってしまうこともあります。ケアはいつからしなければいけない、というものではありませんが、産院を退院した日から始めてOK。沐浴のときなどに、軽くケアする習慣をつけるといいでしょう。

赤ちゃんの耳垢に、色やにおいはあるの?

耳垢は、外耳道の皮膚がはがれ落ちたものや皮脂の分泌物、ほこりなどが混じってできています。色は、赤ちゃんでも体質などによって多少違います。特に新生児は、黒っぽい耳垢が出ることがあります。また、耳垢がにおう赤ちゃんもいますが、体質によるものなら心配いりません。

黒っぽい耳垢が出るのは、新生児期に特有のことです

耳垢はふつう、大人でも子どもでも、黄色や茶色っぽい色をしていますが、生まれたばかりの赤ちゃんの耳垢は黒っぽいことがあります。赤ちゃんは、ママのおなかの中にいるとき、子宮の中で羊水につかっていますね。この羊水には、赤ちゃんの排泄物などのゴミがまじっていて、それが赤ちゃんの耳の中に入ってしまうことがあります。生まれたあと、耳の中に入っていた羊水中のゴミが乾燥して固まり、黒い耳垢として出てくることがあるのです。黒い耳垢が出てしまえば、黄色や茶色いふつうの耳垢が出てくるようになります。

耳垢のタイプは、おもに遺伝の影響です

大人の場合、耳垢は人によって乾燥しているタイプと湿っているタイプがありますね。これは、遺伝が大きく関係しているといわれています。でも、赤ちゃんは新陳代謝が盛んで、皮脂の分泌も多めです。そのため、耳垢はやや湿っぽいことがほとんどで、色も茶色がかっていることが多いでしょう。

耳垢のタイプなどによって、においがすることもあります

体質によっては、耳垢がにおう赤ちゃんもいるものです。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.