子育て情報『【医師監修】妊婦のつら~い便秘を解消したい!原因や対策は?薬は飲んでもいいの?』

【医師監修】妊婦のつら~い便秘を解消したい!原因や対策は?薬は飲んでもいいの?

2018年3月29日 11:00
 

目次

・妊婦が便秘になりやすいのはなぜ?
・妊婦が便秘になりやすい原因はこの5つ
・妊娠中の便秘の解消は「食事・運動・生活」がポイントに
・①食事で便秘を解消する
・②運動で便秘を解消する
・③規則正しい生活で便秘を解消する
・便秘がつらいときは、妊婦でも便秘の薬を使っていいの?
・便秘で悩む妊婦さんがやってはいけないこと&注意点は?
【医師監修】妊婦のつら~い便秘を解消したい!原因や対策は?薬は飲んでもいいの?


妊娠すると体の変化に伴って、さまざまなマイナートラブルが発生しますが、つら~い便秘もその一つ。便秘を放っておくと、おなかが張って苦しいだけでなく、トイレで強くいきむことによって痔になってしまったり、おなかが張る危険性などもあります。今回は、妊娠中の便秘について、原因や対策、解消法や注意点などをご紹介していきます。

妊婦が便秘になりやすいのはなぜ?

もともと男性よりも女性に多いといわれる便秘ですが、今まではまったく便秘と無縁だった人でも、妊娠して便秘に悩まされるようになる人は少なくありません。

便秘には、直腸に便がたまっても脳から排便のサインが出ない「直腸性便秘」、ストレスが原因で起こる神経性の「けいれん性便秘」、腸の働きが悪くなるために起こる「弛緩性便秘」の3つのタイプがありますが、妊娠中の便秘は「弛緩性便秘」に該当します。

妊娠中は、プロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されるようになりますが、このホルモンには腸の働きを鈍くしてしまう作用があるため、どうしても妊婦さんは便秘になりやすくなってしまうのです。

特に、妊娠前から便秘がちだった人は注意が必要です。もともと便秘がちだったところに、妊娠によるホルモンの変化が加わることにより、さまざまな原因が組み合わさって、便秘がよりひどくなってしまうことがあります。

妊婦が便秘になりやすい原因はこの5つ

1.ホルモンバランスの変化
先ほどお話ししたとおり、妊娠中は妊娠を継続させるためにプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。このホルモンには腸の働きを抑制する作用があるため、消化管の運動が弱くなったり、食べた食物を肛門に送り出す平滑筋の収縮機能が弱くなってしまうため、排便が困難になります。

2.大きくなった子宮が腸を圧迫
おなかの赤ちゃんの成長に伴って、子宮もどんどん大きくなります。すると、大きくなった子宮が直腸を圧迫するため、便を排出するための腸の運動がスムーズに行われなくなり、便秘になってしまいます。

3.つわりによる食事の変化
【医師監修】妊婦のつら~い便秘を解消したい!原因や対策は?薬は飲んでもいいの?

スムーズな排便を促すためには、バランスのよい食事や適度な水分摂取が欠かせません。それが、つわりによって食べる量や水分摂取量が減ってしまったり、食事内容に偏りが出てしまうと、食事に含まれる食物繊維の量や水分が不足して便秘を引き起こしてしまいます。

4.運動不足
運動不足は便秘の大きな原因となります。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.