子育て情報『赤ちゃんの坐薬の入れ方や簡単に入れるコツ、注意点は?【プロセス写真つきで紹介】』

赤ちゃんの坐薬の入れ方や簡単に入れるコツ、注意点は?【プロセス写真つきで紹介】

2018年3月30日 07:00
 

目次

・坐薬とは?
・坐薬にはどんな効果があるの?
・赤ちゃんに処方される坐薬は、解熱剤やけいれん止めなど
・赤ちゃんによく処方される坐薬
・解熱剤の坐薬は、医師の指示に従って使うのが原則です
・赤ちゃんに坐薬を使うのはどんなタイミング?
・解熱剤の坐薬を使う目安は、熱が38.5度以上で元気がないとき
・解熱剤は、熱が上がりきってから使うのがポイント
・赤ちゃんの坐薬の入れ方やコツは?
・坐薬を入れる前の準備
・坐薬の入れ方
・赤ちゃんの坐薬を使う時の注意点は?
・坐薬の保管は冷蔵庫で
・泣いたり興奮しているときは避けましょう
・坐薬が出てしまったときは?
・坐薬が苦手なときはどうする?
・うちの子の坐薬体験談
・突発性発疹と熱性けいれん
・咽頭結膜熱(プール熱)
・おたふくかぜ
赤ちゃんの坐薬の入れ方や簡単に入れるコツ、注意点は?【プロセス写真つきで紹介】


赤ちゃんが熱を出したとき、小児科でよく坐薬の解熱剤が処方されます。ただ、飲み薬に比べると、坐薬はどうやったらうまく入れられるのか、どんなタイミングで使ったらいいのか迷ったりとまどったりして、ハードルが高く感じられるママも多いでしょう。坐薬が処方されたとき、あわてず効果的に使えるように、入れ方のコツやタイミングを知っておくと安心です。

坐薬とは?

赤ちゃんの坐薬の入れ方や簡単に入れるコツ、注意点は?【プロセス写真つきで紹介】


坐薬とは、肛門に挿入して使うタイプの薬です。口から薬が飲めなかったり、飲んでも吐いてしまったりする場合に、確実に体に入れることができるので、赤ちゃんにもよく処方されます。

坐薬にはどんな効果があるの?

赤ちゃんに処方される坐薬は、解熱剤やけいれん止めなど

坐薬は薬の成分が直腸から直接吸収されるため、シロップや粉薬などの経口薬よりも効き目が早くあらわれるのが特徴です。赤ちゃんにもっともよく処方される坐薬は、熱を下げる解熱剤でしょう。そのほか、吐き気がひどく飲んだり食べたりできないときには吐き気止め、熱性けいれんを起こして受診したときにはけいれん止めの坐薬などが処方されることがあります。

赤ちゃんによく処方される坐薬

赤ちゃんが病気のときに処方される坐薬には、以下のようなものがあります。

●解熱鎮痛薬

アルピニー
効き目のおだやかな、坐薬タイプの解熱鎮痛剤。赤ちゃんや幼児にもよく処方されます。成分は次に紹介するアンヒバと同じで、1日1回の使用が原則です。

アンヒバ
おだやかな効き目で、安全な解熱鎮痛剤なので、赤ちゃんでも安心して使えます。アルピにーと同様、坐薬タイプのみで、使用は原則1日1回。

●抗けいれん薬

ダイアップ
脳の神経を落ち着かせ、けいれんを抑える薬。中枢神経に作用するので、眠気やふらつきが出たり、まれに興奮状態になったりすることもあります。

解熱剤の坐薬は、医師の指示に従って使うのが原則です

赤ちゃんに一番よく処方されるのは、解熱剤の坐薬です。解熱剤は、高熱のとき一時的に熱を下げる働きがありますが、病気そのものを治すわけではありません。つらい症状をやわらげて、病気と闘いやすくするものだと考えるといいでしょう。

熱は、ウイルスに対する体の防御反応のひとつなので、無理して下げる必要はないのです。解熱剤で熱を下げても、病気の勢いが強ければ効き目が切れたときにまた上がることもあり、そうなると赤ちゃんの体にも負担になります。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.