子育て情報『新生児の鼻づまりの原因は?解消法はどうしたらいいの?』

2018年3月29日 07:00

新生児の鼻づまりの原因は?解消法はどうしたらいいの?

目次

・新生児の鼻づまりは何が原因なの?
・赤ちゃんは鼻の穴が小さく、鼻づまりしやすいのです
・新生児が鼻づまりで息苦しそうなときの対処法は?
・鼻水が出ていたら、ふきとってあげましょう
・鼻水を吸ってあげると呼吸が楽になります
・鼻くそがたまっているようなら、綿棒で取り除いて
・こよりでくしゃみをさせて、鼻水を出すのも効果があります
・蒸しタオルを当てたりお風呂に入れたりして、鼻の通りをよくしましょう
・鼻づまりがひどいときは、上半身を起こした姿勢に
・新生児の鼻づまり、予防法は?
・部屋の中が乾燥しないように注意します
・室内もちょうどいい温度に保ちましょう
・新生児の鼻づまりの注意点は?
・鼻の掃除は、入り口付近だけに
・鼻の下は保湿して、かぶれを予防しましょう
・ピンセットを使って鼻くそを取るのは×!
・新生児が鼻づまりになったら、病院に行くべき?
・しばらく様子を見てOKなとき
・病院に行ったほうがいいとき
・うちの子の鼻づまり体験
新生児の鼻づまりの原因は?解消法はどうしたらいいの?


生まれたばかりの赤ちゃんの体は、心細いほど小さくてか弱いので、ささいなことでも気になりますね。特に、鼻がつまって苦しそうにしていると、「大丈夫かな?」と心配になってしまい、少しでも早く解消してあげたくなるでしょう。新生児が鼻づまりになったときのケアや対策方法を知っておくと、安心です。

新生児の鼻づまりは何が原因なの?

赤ちゃんは鼻の穴が小さく、鼻づまりしやすいのです

鼻がつまったり鼻水が出たりするのは、冷たい空気などで鼻の粘膜が刺激を受けたときや、かぜなどのウイルス感染により、鼻粘膜に充血やむくみが起きたとき、アレルギー反応が起きたときもなどです。特に赤ちゃんは、鼻が短くて高さもないので、鼻腔(鼻の内部)がもともと狭くなっています。しかも、鼻の粘膜が敏感なので、気温の変化などのちょっとした刺激で鼻水が出て、鼻づまりを起こします。また、鼻やのどが未発達なので、ウイルスの侵入などを防ぐ力も十分ではありません。もちろん、自分で鼻をかむこともできないので、こうしたことが重なって、赤ちゃんは鼻水が出やすく、鼻づまりも起こりやすいのです。

赤ちゃんが鼻をつまらせてズーズーと音がしていると、苦しそうですね。でも、赤ちゃんは鼻腔が狭いため、鼻水が出たりすると音がするのはよくありますが、赤ちゃんはそれほど苦しくないということが多いので、様子を見ていてかまいません。気になるときは、見える範囲の鼻くそや鼻水をとるか、鼻水吸い取り器で吸ってあげるといいでしょう。ただし、鼻の粘膜を傷つけるといけないので、奥のほうまで無理に取ろうとしないでください。

新生児が鼻づまりで息苦しそうなときの対処法は?

赤ちゃんが鼻づまりを起こして苦しそうなときは、まず原因となっている鼻水や鼻くそを取り除いてあげることが一番です。そのほか、鼻が通って呼吸が楽になるようなケア方法をご紹介します。

鼻水が出ていたら、ふきとってあげましょう

鼻水が出ているために、鼻がつまることも多いものです。鼻水を何度もふくと、鼻の下があれることもあるので、肌を刺激しない、やわらかめのティッシュでこまめにふいてあげるといいでしょう。ぬるま湯で軽くしぼったカット綿でふいてあげるのもいいですね。

鼻水を吸ってあげると呼吸が楽になります

新生児の鼻づまりの原因は?解消法はどうしたらいいの?


鼻水がひどくて鼻づまりも起こしているときは、市販の鼻水吸引器で吸ってあげると、呼吸が楽になります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.