子育て情報『赤ちゃんが起きていられる時間はママが思うより短い!?~赤ちゃんの寝ない泣き止まないを解決!~【連載第8回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】』

赤ちゃんが起きていられる時間はママが思うより短い!?~赤ちゃんの寝ない泣き止まないを解決!~【連載第8回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】

2018年3月26日 16:00
 

目次

・赤ちゃんの活動時間と睡眠時間の関係って?
・赤ちゃんが本当に起きていられる時間はこれくらい!
・【月齢別 活動時間のめやす】
・生後0~1ヶ月
・生後1~2ケ月
・生後2~3ヶ月
・生後3~4ヶ月
・生後4~6ヶ月
・生後6~8ヶ月
・生後8~10ヶ月
・生後10ヶ月~1歳2ヶ月(2回の昼寝)
・生後1歳2ヶ月-1歳半(1回の昼寝)
赤ちゃんが起きていられる時間はママが思うより短い!?~赤ちゃんの寝ない泣き止まないを解決!~【連載第8回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】


愛波 文先生は、アメリカのIMPI公認、日本人初の子どもの睡眠コンサルタントとして活動中。科学的根拠に基づいた睡眠のためのメソッドは、赤ちゃんの睡眠まわりの悩みをもつママが実行すると、今まで困っていた問題がすっきり改善すると評判です。赤ちゃんが起きていられる「活動時間」は、月齢ごとに異なり、それに合わせて睡眠をはじめとした生活リズムを整えると、寝ぐずり・夜泣きなどのトラブルを軽減することができるそうです。具体的にどれくらい起こしていてよいのか、月齢ごとの「活動時間」をみていきましょう。

赤ちゃんの活動時間と睡眠時間の関係って?

実は赤ちゃんは起きていられる時間は限られています。こちらの表を見せると多くの方に「これだけしか起きていられないんですか?」とびっくりさせることがあります。

赤ちゃんが起きていられる時間はママが思うより短い!?~赤ちゃんの寝ない泣き止まないを解決!~【連載第8回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】


赤ちゃんはこの活動時間をオーバーしてしまうと疲れすぎてしまい、ストレスホルモンの分泌が始まり、逆に興奮状態になってしまいます。その状態を親(保育者)は見て、「うちの子はまだまだ元気。眠くないみたいだわ!」と思ってしまうのです。しかし、いざ睡眠をとらせる時間となり寝かしつけをしようとしても、興奮状態からでは寝ぐずり・夜泣き・昼寝が短くなってしまう・朝早く起きてしまう……という事態を引き起こします。これらの睡眠トラブルの原因は、赤ちゃんの本来の活動時間をオーバーして興奮状態のまま眠りについてしまったことにあります。

活動時間の表は目安であり、必ずしも全てのお子さんがこの時間帯に当てはまるわけではありません。お子さんの成長と眠い合図と一緒に、参考にしてもらえたらと思います。
では、各月齢の活動時間の詳細を見ていきましょう!早産の場合は修正月齢を使用してください。

赤ちゃんが本当に起きていられる時間はこれくらい!

【月齢別 活動時間のめやす】

赤ちゃんが起きていられる時間はママが思うより短い!?~赤ちゃんの寝ない泣き止まないを解決!~【連載第8回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】


生後0~1ヶ月

活動時間=直近の睡眠の持続時間。最長で40分。直近の睡眠の持続時間とは、例えば30分寝たら、活動時間が30分。20分寝たら活動時間が20分…ということです。活動時間が最長で40分なので、1時間寝ても起きてから40分以内に再度寝かすことが勧められています。新生児は授乳やおむつを替えたらまたすぐ眠ります。眠らない場合は、眠れるようにしてあげる必要があります。赤ちゃんが眠そうな合図を見せたら、40分よりも早く寝かせてあげましょう。

生後1~2ケ月

活動時間=直近の睡眠の持続時間。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.