子育て情報『おしりよければ産後ヨシ!★連載 第5回「妊娠後期の腰痛と便秘、お悩み解決編!」』

おしりよければ産後ヨシ!★連載 第5回「妊娠後期の腰痛と便秘、お悩み解決編!」

2018年6月18日 11:00
 

目次

・大きなおなかを支えるのはおしり筋!
・おしり筋アップトレーニング
・便秘対策には腰を動かすベリーダンスエクササイズ
・ベリーダンスエクササイズ
・おしり筋の仲間の筋肉、骨盤底筋群の大切さ
おしりよければ産後ヨシ!★連載 第5回「妊娠後期の腰痛と便秘、お悩み解決編!」


気になる産後のボディメイクは、妊娠中から準備を始めませんか?妊娠中に筋力トレーニングすることは、産後のスタイルアップとともに安産にもつながります。特に骨盤周り、つまり「おしり」の筋力を鍛えることで、体は確実に変わるのです!安産のためにも、おなかの赤ちゃんを元気に育てるためにも、そして産後のスムーズな回復のためにも、体力づくりをしましょう。そのためには、まず下半身。特に土台となるおしりから強化するのが近道。今回は、その理由からお伝えしていきます。★「おしりリセットダイエット」ここがすごい!★「おしりリセットダイエット」は、おしりの筋力をアップすることでスルッとやせることを提唱し、8000人以上の女性が経験。1日3つのエクササイズを続けるだけで4週間後には確実に成果を出していくトレーニング方法です。単に体形をスッキリ変えるだけでなく、気持ちも前向きに明るくなる秘訣が詰まっています。

大きなおなかを支えるのはおしり筋!

妊娠後期に入ると、おなかはぐっと大きく重くなります。この大きいおなかを支えているのは、背中から腰、そしておしりの筋肉。後ろ側から支えている筋肉を鍛えることで、腰痛を防止していきましょう。

おしり筋アップトレーニング

仰向けに寝て、足を軽く開いて膝を立てます。膝の間にクッションをはさみます。

おしりよければ産後ヨシ!★連載 第5回「妊娠後期の腰痛と便秘、お悩み解決編!」


ゆっくりとおしりを上げます。クッションを落とさないように両足の内側にしっかり力を入れましょう。

おしりを上げるときには、おしりの上の骨から順番に背骨を1つずつ上げて背中を反らせるようなイメージでゆっくりと。下げる時も、背骨の上の方の骨から一つずつおろします。

おしりよければ産後ヨシ!★連載 第5回「妊娠後期の腰痛と便秘、お悩み解決編!」


再び、クッションを落とさないようにして、おしりをゆっくりと下ろします。反動で上下させないようにしましょう。

おしりを上げるときに息を吸い、下げるときに息を吐きます。これを10回ほど繰り返しますが、むりはしないで。おなかが張ったらすぐに休みます。高さも、自分のペースでOK。

☆腰に手を添えてもOK☆

おしりよければ産後ヨシ!★連載 第5回「妊娠後期の腰痛と便秘、お悩み解決編!」
慣れるまでは、手で腰を支えましょう。この方が楽におしりを上げられます。

★上級者編★①骨盤を開く動き

同じように仰向けでおしりをあげますが、今度は両足のかかとをくっつけて、両膝を開きます。

おしりよければ産後ヨシ!★連載 第5回「妊娠後期の腰痛と便秘、お悩み解決編!」


この体勢から、背骨を1つずつ上げるようにゆっくりロールアップしておしりを上げます。

おしりよければ産後ヨシ!★連載 第5回「妊娠後期の腰痛と便秘、お悩み解決編!」


↓横から見るとこんな姿勢。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.