子育て情報『これで遠出も怖くない『3つのポイント』を抑えて子連れドライブにレッツゴー!』

これで遠出も怖くない『3つのポイント』を抑えて子連れドライブにレッツゴー!

2018年2月16日 18:00
 

画像

夏休みや冬休みなど、長いまとまったお休みの時には家族揃ってお出かけしたい!でも、子どもが小さいと、色々と心配で遠出を躊躇してしまうこともありますよね。ポイントを抑えてしっかり準備をすれば大丈夫。ぜひ、子連れドライブを楽しみませんか?

ずばり!抑えるべきポイントは3つ!

画像

子連れドライブをする上で抑えておきたいポイントは大きくわけて3つ。

『トイレ』・『渋滞』・『ねんね』です。

この3つを抑えておくと、意外とすんなりお出かけできるものです。

『トイレ』は停まったら必ず!
車でお出かけでも、一般道ならたいていコンビニやスーパーがあり、トイレも駆け込みやすいですが、遠出となると高速道路を通ることもしばしば。

高速に乗ったら、どんなにトイレに行きたくてもサービスエリアまで我慢だし、いつ渋滞にはまるかも分かりません。

そこで、家を出発する時にトイレを済ませるのはもちろん、「さっき行ったばかり」でも子どもは立ち寄った場所全てでトイレに行かせます。

また、夏の暑い日など、屋外にいる時は喉の乾きから沢山水分を摂ってしまいますが、エアコンの効いた車内に入ると身体も冷えてトイレが近くなることもあります。

「これからしばらく車で移動するよ」という時は、必要最低限の水分摂取で、合わせてトイレは必ず行くようにしましょう。

我が家の長女が年少さんの夏休み、家族で遠出をしました。

当時はまだ完全にオムツが卒業できておらず、普段は普通のパンツにトイトレ用のシート(生理用ナプキンのようなもの)をつけていましたが、当日は心配でオムツをはかせていました。

でも、この「必ずトイレ」と水分コントロールで、無事に一度もオムツを濡らすことなく帰って来れました。

日頃から頻繁にトイレに行きたがるお子さんは特に注意をしてあげましょう。

授乳期のお出かけアイテム4選!『遠出=渋滞にはまる』を大前提に!
帰省ラッシュの時などはもちろん、遠出した時はいつだって渋滞にはまるものと覚悟して動きます。

まず必要なのは『退屈をしのぐもの』。

車にテレビやDVDがついているなら、何枚かのディスクを用意しておきましょう。「コレ、鉄板!」というものを。

そして、簡単にできる遊びを考えておくのも◎。我が家では、家族で車に乗ると、渋滞は関係なくしりとりをよくやります。

これが意外に続くんです。

最初は普通に。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.