子育て情報『妊娠中、パパにイラッ!地雷を踏みまくる夫に失望した初マタライフ』

妊娠中、パパにイラッ!地雷を踏みまくる夫に失望した初マタライフ

2018年2月21日 10:00
 

画像

妊娠した私を最も悩ませたのは、本来一番の理解者であるはずの夫でした。想像していた「幸せマタニティライフ」とは程遠い、怒りと悲しみに満ちた我が家の初マタライフ。どこの旦那もこんなもの?それとも、こんなにひどいのは我が家だけでしょうか?

今でもムカつく!妊娠中に腹が立った夫の言動

画像

妊娠中の夫は、びっくりするほど思いやりが欠如していました。身重の体でフルタイムの仕事と家事をこなす私への、数々の暴言は忘れられません。

思い返せばキリがありませんが、中でも特にひどい暴言をピックアップしてみました。今思い出してもムカムカしてきます。

悪阻で苦しむ妻に向かって…
私の悪阻はあまりひどい方ではありませんでしたが、それでも常に胸焼けした状態で仕事をするのはなかなか辛いものがありました。

悪阻のせいで、帰宅後は晩御飯を作れず布団に横になることもしばしば。夫には申し訳ないと思いつつも、妊娠中だからということで家事を休ませてもらう日が増えました。

しかし、ある日悪阻で横になる私に、夫が信じられない言葉を放ったのです。

「悪阻って、本当はそんなに辛くないんでしょ?ただ妊婦っぽいこと言いたいだけでしょ?」

一体、何を根拠にこんなことを言われなくてはならないのか。びっくりしすぎてしばらく呆然としたのを覚えています。

確かに、妊娠前の私はどちらかというと健康な方で、風邪で寝込むことも滅多にありませんでした。夫からすれば、いつも元気な妻が妊娠した途端に弱々しく横になっているのが不思議だったのかもしれません。

だとしても、調子が悪くて寝ている人に対し「本当はそんなに辛くないでしょ」なんて無神経以外の何物でもないと思いますが…。

その後、何とか悪阻の辛さを説明して理解してもらいましたが、未だにこの時言われた言葉は忘れられません。

絶対に忘れない!陣痛中に言い放った夫の暴言!!禁酒する妻に酒とおつまみを用意させる
夫婦ともに大の酒好きで、妊娠前はしょっちゅう二人で晩酌を楽しんでいました。しかし妊娠が判明してからは、夫婦の楽しみだった晩酌タイムがイライラの元に…。妊娠によって私が禁酒を始めてからも、夫は今まで通りほぼ毎日晩酌を続けていました。それだけならまだしも、妊婦の私に「冷蔵庫から酒持ってきて」だの、「何かおつまみ作って」だの、当たり前のように色々と要求してきます。

禁酒自体はそこまで苦痛ではありませんでしたが、お酒を我慢している私の目の前で自由に晩酌し、挙げ句の果てにはお酒やおつまみを用意させる夫にものすごくモヤモヤしました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.