子育て情報『0〜1歳のヒヤリハット!我が家の「誤飲」「転落」事件簿 & 学んだこと』

0〜1歳のヒヤリハット!我が家の「誤飲」「転落」事件簿 & 学んだこと

2018年3月9日 10:00
 

画像

寝返りができるようになって、ハイハイができるようになって…。0歳から1歳にかけては、できることが日々増え、そのスピードが想像以上に早かったりして驚くことも多々ありますよね。私は、子どもの安全について、自分では比較的気をつけていた方だと思うのですが、2度ほど本当にヒヤッとしたことがあります。

誤飲 「布絵本でヒヤリ!事件」
画像

出産祝いでオモチャもいろいろいただきますよね。注意したいのが、対象年齢が今に合っているとは限らないということ!

いただいたオモチャの中には、対象年齢が3歳以上となっているものも少なくありませんでした。でも、そのだいたいが、一見0歳1歳の子が好きそうで、特に危なくなさそうなものでした。

その中でも盲点だったのが布絵本でした。いただきものの布絵本は、とてもかわいく、肌触りも気持ちよく、赤ちゃんに最適なオモチャのように見えました。

実際、友人の子どもが赤ちゃんのとき好きだったから!とプレゼントしてくれたので、深く考えず、息子に遊ばせていました。

知育布絵本で、マジックテープでパーツの付け外しができたり、子どもが好きなものが詰まっていて、すぐに息子のお気に入りに。

危険と言われる39mm以下のパーツはしまっていたので安心していたのですが、ある日、オエっという息子がえづく声が聞こえました。

急いで見てみると、パーツのひとつである、小さな布製の人形を口に詰め込んでいたのです。飲み込むことも出すこともできず苦しそうにしていて、本当に焦りました。

気づくのが遅くなり気管をふさいでいたら…と思うとゾッとしました。

それ以降、対象年齢は確実にチェックしていますし、NPOが2015年に発表した危険基準を参考にし、気をつけるようにしています。

誤嚥と誤飲の新しい基準

転落「 バウンサーでヒヤリ!事件」

画像

今までで1番ヒヤッとした「転落」が起きたのは、息子が1歳少し前、まだひとり歩きはできないけれど、伝い歩きはできるという頃です。

生後3ヶ月頃から、ひとりでお風呂に入れる時は、私が準備をする間、息子を脱衣スペースに置いたバウンサーに座らせていました。バウンサーの注意書きには、「必ずベルトを締めてください」とあったのですが、お風呂あがりはタオルにくるんで座らせていたのでベルトを締めづらく、時々締めずに座らせてしまうことも…。

それまで、締めなくても特に危ないこともなく、正直油断していました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.