子育て情報『小学校入学の不安を解消させたい!繊細でナイーヴな娘のために、私が行った準備とは』

小学校入学の不安を解消させたい!繊細でナイーヴな娘のために、私が行った準備とは

2018年3月4日 20:20
 

画像

私の娘は繊細なタイプで、小さいころ、不安な時にはすぐにお腹が痛くなったりトイレが近くなったりしていました。そんな娘だったので、私は「小学校は大丈夫かな?」と心配になりました。そこで娘が少しでも不安なく入学を迎えられるよう、いろいろと準備をしておくことにしたのです。

幼稚園の年中さんから小学校の準備をスタート

小学校入学の準備は、年長さんになってから始める方が多いと思います。でも年長さんになると、卒園に向けての活動が始まることもあり、ただでさえナーバスになりがち。

そんなときに小学校を意識させるようなことを言ったりやったりしすぎると、繊細な娘は参ってしまうかもしれません。

そこで、余裕をもって年中さんのうちから少しずつ準備を始めることにしたのです。

わからないことは周囲の人に聞けるようにしておく
まず意識したのが、「わからないことがあったときに、周囲の人に聞くことができるようにする」ということ。

人一倍繊細な娘は、小学校入学後、ナーバスになることは目に見えていました。

そんなとき、わからないことを人に聞くことができると、不安な気持ちを和らげることができるかもしれません。

そこで、娘と一緒に買い物に行ったときなどに、「〇〇買ってあげるから、どこに売ってるか店員さんに聞いてきて」などと言い、「わからないことを聞く」機会をたくさん設けることにしました。

最初はもじもじして「恥ずかしい」と言っていた娘も、繰り返し聞きに行くうちにスムーズに聞くことができるようになりました。

「わからないことがあれば人に聞けばなんとかなる」と自信がついたようでした。

自分のことは自分でできるように
小学校生活の中で、できないことが多いと余計に不安がふくらみます。そこで、少しでも不安の種を減らそうと、小学校生活で必要だと思われる、最低限のことは身につけさせることにしました。

中でも一番重視したのが、「自分のことは自分で」という点。

着がえなど自分の身の回りのことはもちろん、料理や掃除なども、少しずつ取り組ませるようにしました。

甘えん坊だった3歳児が頑張って乗り越えた苦難の4日間

卒園が近くなってから行った不安解消のための作戦

画像
年長さんになると卒園に向けての準備が始まります。それとともに娘は不安を感じることが増えたのか、「お腹が痛い」と言うことが多くなりました。

娘が入学する小学校には、同じ幼稚園から入学する子がいなかったことも、娘の不安を倍増させたようでした。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.