子育て情報『そのグッズ、役に立つかは赤ちゃん次第?!買って後悔したベビー用品、我が家の4選』

そのグッズ、役に立つかは赤ちゃん次第?!買って後悔したベビー用品、我が家の4選

2018年3月8日 12:00
 

画像

ベビー用品、買おうかレンタルにしようか迷うことってありますよね。我が家では、全て購入しています。理由は長く(2人目も)使うなら買った方が安いから…でも、せっかく買ったのに我が家で使えなかったものも、実は結構あるんです。

バウンサー

「赤ちゃんがゴキゲンでいてくれる」「気持ち良さそうにして、いつの間にか寝てる!」などの噂をきいて購入したバウンサー。

オモチャ・自動で揺れる機能が付き、5,000円程度でした。効果があればお買い得ですが…現実には 10分ともたず、やがて乗せようとした途端に泣き出すように。

それでも次男の時は、首がしっかり座った生後3ヶ月頃~6ヶ月頃(寝返り開始)まで、意地で使いました。乗せても泣いてましたが、それでも用事を優先しちゃうのが下の子の可哀想なところ(^^;

このバウンサー、今ではすっかりミニアスレチック的な子どものオモチャになっています(笑)

メリー

画像

『第1子出産前にパパが張り切って買ってきたけど、結局は何のために必要だったのかよく分からないアイテム』のNo.1に私が密かに認定しているのが、これです。

お値段いかほどのものなのか…パパいわく「○○のタイプが云々(つまり高かった)」のだそうです。が、パパのこだわりは長男には全く通じませんでした(^^;

メリーにゴキゲンで手を伸ばす赤ちゃん♡なんて夢のような光景は、本当にタダの夢で(笑)現実にはメリーの音楽が聞こえない勢いでギャン泣き…

それでも「とりあえず」酷使し続けた結果、早々に壊れてしまったのも残念な点でした。もしかして次男だったら♡なんて今でも夢想しちゃいます(笑)

ベビーサークルは買って大正解♡活用法3パターン!

電動搾乳器 静音タイプ

画像

これは生後2ヶ月頃までは必需品でした。私はもともと陥没乳頭で、長男がうまく母乳を飲めなかったために、生後しばらくは主に搾乳を与えていたからです。手動の搾乳器はとにかく手が疲れる!ので、うまく授乳できなくても母乳育児をしたい場合は電動搾乳器、本当に神アイテムなんです。

特に静音タイプは夜中でも気にせず使えて便利でしたが、本当に高い…私が買ったのは15,000円程度したと思います(涙)

当時はとにかく必死で、値段など気にせず購入したのですが、後で考えるとコスパの良くない買い物でした。

というのも、使ったのは長男の生後3ヶ月頃まで。乳房から直接飲むのが上手になってしばらく経つと、なぜか搾乳器では母乳が1滴も出なくなっちゃったんです!

結局はコツコツ手搾り…そして次男の時には完全に押入の奥に眠ったままで出番なし(長男が頑張って乳頭を引っ張り出してくれたおかげですね)。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.