子育て情報『一人っ子のしつけは大変?ルールを教えるために夫婦で実践していること』

一人っ子のしつけは大変?ルールを教えるために夫婦で実践していること

2018年3月13日 10:00
 

画像

兄弟がいる子の場合、日常の中で親以外の存在から社会のルールを学ぶチャンスがたくさんあります。しかし、一人っ子の場合は身近に対等な関係の子供がいない分、親が工夫してルールを教えていく必要があります。子供をしつけるために、我が家が実践している方法を紹介します。

一人っ子の息子にルールを教えるために

画像

一人っ子の息子にルールを教えるために、我が家では親が兄弟の役割を演じることがあります。

大人と子供という関係ではなく、対等な人間同士として接することで、社会生活に必要な我慢や忍耐を身につけてもらおうと考えています。

おやつはパパママと三等分
我が家では、おやつを食べるときは必ず家族全員の取り分を平等にするようにしています。大好きなケーキもアイスも、パパとママと三等分

たとえ子供が大人の取り分を欲しがっても、「これはママのだから、ママが食べるよ。〇〇くんは自分の分食べたでしょ」と言い聞かせます。

きちんと言い聞かせると、息子も私のおやつを指差しながら、「これはママの分」と言って納得してくれます。シンプルですが、人と分け合うことを学んでもらうには、一番わかりやすい方法だと思います。

相手にも都合があることを知ってもらう
兄弟がいると、時には自分以外の相手に付き合い、我慢しなければいけない場面も出てきます。逆に一人っ子は、何でも優先してもらうことが当たり前になりがち、と聞いたことがあります。

我が家では、他人にもそれぞれ都合があり、いつも自分が優先されるわけではないと知ってもらうために、あえて子供の要求を後回しにすることもあります。

例えば、「ママー」と呼ばれてもすぐには飛んでいかず、そのまま家事などを続けます。子供が泣きわめくことがあってもグッと我慢して、「今お皿洗ってるからちょっと待ってて」と用事が終わるまで待たせます。

その代わり、最後にギュッとハグをして「ちゃんと待てて偉かったね」と必ず褒めるようにしています。

同年代の子供と遊ぶ機会を増やす
とは言え、親が兄弟の役割を演じるのにも限界があります。やはり本物の子供同士のコミュニケーションでしか学べないことも多いです。その点は、子供がたくさんいる場所に出かけたり、同年代の子供たちを家に招いたりするなどして、意識的によその子と関わる機会を増やすしかないのかもしれません。

息子は、2歳で保育園に通い始めてから圧倒的にできることが増えました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.