子育て情報『思わず笑える子どもの迷言。「マッコチュイ」って何のこと?2歳児の言い間違いに悶絶』

思わず笑える子どもの迷言。「マッコチュイ」って何のこと?2歳児の言い間違いに悶絶

2018年3月14日 20:20
 

画像

子どもの言い間違いって可愛いですよね。我が家の息子は今、2才4ヶ月。日々言い間違いのオンパレードです。中には私が意味を理解できずに怒らせてしまうこともありますが、意味がわかったら思わず笑っちゃう!おかげで日々の会話に笑いが絶えません♪

日本語?外国語?で思わず笑っちゃう

画像

言葉は何となく合ってるんだけど、なぜ外国語風なの?という言い間違いが多くて、思わず笑ってしまいます。

「まつぼっくり」は韓国風
いつも通っている子育て支援センターでまつぼっくりを貰ったときのことです。そういえば、これがまつぼっくりって知ってるのかな?と思った私は、息子に尋ねてみました。

私「これ、なんて言うの?」
息子「マッコチュイー!」

何度か聞きなおしましたが、やっぱり「マッコチュイ」…まるで韓国語です。

片言感がカワイイ
これは言い間違いというより発音の仕方の違いの話。子どもが言葉を覚えたてのとき、すごく片言になっているときがありませんか?

我が家も例外でなく、たとえば…

入ってる→ハイッテェルー
してる→シテェルー
(両方ともアクセントは「テ」)

食べた→タベェタァー
(アクセントは「ベ」)

などなど。
この片言感がまたかわいいんです。「うん、タベェタァーねぇ」などと言って、つい私も悪ノリしてしまいそうになります(苦笑)

古語ですか?
息子は、外国の人かな?と思わせておきながら、古語辞典に出てきそうな言い間違いをするときもあります。

脱がせて→脱ぎて
選ばせて→選べて
びっくりする→びする

「びする」なんて省略され過ぎて、何が何だかわからないですよね(笑)

おバカ可愛くて笑っちゃう男児あるある♡

ゴメン、それわからない…

お次は、どう聞いても意味がわからない…という言い間違いです。意味がわかったときには思わず笑ってしまいました。

「ダゴッダゴッ」
これは、四角いクッションを仕切りのようにした息子が突如発した言葉です。

息子「ダゴッダゴッ…」
私「?(お団子…?)」
息子「しゅっぱーぷ!」

「しゅっぱーぷ=出発」の台詞でやっとわかりました。これ、電車が走る「ガタンゴトン」という音のことだったんです。

似たような言い間違いで、お茶を飲むときの「ゴクゴク」は「ドックンドックン」と言ってます。何にドキドキしてるのかとちょっと焦る言い間違いです。

「ママ、見せてー!」
この台詞、言われたら100%手に持ってる物を見せちゃいますよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.