子育て情報『歩けるようになったらレイングッズデビュー!必要な時を見越して雨の日対策を始めよう』

歩けるようになったらレイングッズデビュー!必要な時を見越して雨の日対策を始めよう

2018年3月14日 10:00
 

関連リンク

・いつもの風景で遊べる「切り抜きカード」を子どもと作ろう
・段ボールを使って3歳から裁縫レッスンを始めよう
・母の日に喜ばれたプレゼント、ベスト5は? 〜父の日・母の日の贈り物についてのアンケートから〜
画像

しっかり歩けるようになってくると気になるのが、雨の日のお出かけ。「雨だから外出しない」とできればいいですが、大切な用事がある場合はそうもいきませんよね。そこで大活躍するのがレイングッズ。我が家も2歳頃にレイングッズを揃えたのですが、その時に考えた選ぶ基準とは?

レイングッズって本当に必要?

大人にとっては鬱陶しく感じる雨ですが、子どもにとっては、格好の遊び場。しかし、雨に濡れれば風邪を引く可能性もありますし、泥などのついた服の洗濯や濡れた靴の乾燥は大変ですよね!

そうは言っても、「レイングッズを購入しても、数回程度の使用でサイズアウトもあるかも…」とレイングッズ購入に二の足を踏んでいたのですが…。

娘を連れての大雨を経験し、レイングッズの必要性を痛感した私は、ついに購入を決意!

長靴
画像

1番最初に買ったのが長靴。実は長靴は雨の日だけでなく、雨の次の日でも足元が汚れるのを防ぐため、本格的にレイングッズを揃える前から購入していました。

選ぶ時に気を付けたのはサイズ。ピッタリサイズだと履いたり脱いだりしにくいからです。

しかし、大きすぎると変な歩き方の癖がついたり、足の指が変形する可能性もあると聞き、いつもの靴より1cm程度大きめのものを購入しました。ちなみに、歩きにくそうな場合は中敷を敷くと良いそうですよ。

購入から1年弱経った今、そろそろサイズアウトの予感です。初めて長靴を買った時には、まだ娘の好みもはっきりしていなかったので、今度は一緒に買いに行こうと思います!

レインコート
画像

2歳になった頃、レインコートを購入しました。レインコートは90cmサイズ展開のものが多く、当時80cmを着用していた娘にとっては少し大きめではありました。しかし、娘の強い希望で黄色のアンパンマンを購入。

着丈は問題なかったのですが、案の定袖丈が長めでした。使用させてもいいか少し悩みましたが、娘が相当アンパンマンのレインコートを気に入っていたので「着なければ意味がない」と、袖を折って着用させることに。着丈が長すぎなければ、少し大きめサイズなら長く着用できるので、ある意味ラッキーかもしれませんね。また、動き回りたい2歳児には、足首までしっかり隠れるロンパース型のレインコートもおすすめという声も。

事実、雨の日の保育園送迎時に水たまりで遊びまくる娘をみると「ロンパース型レインコートにしておけばよかった」とよく思います(笑)

そして、私は購入していないのですが、ベビーカーに乗ったり降りたりするようになったら、さっと着せれて脱がせられるポンチョ型のレインコートも人気のようですよ♡

雨降りDAYの幼稚園、どうしてる??傘
画像

娘が楽に持てるように、最少の35cmサイズの傘を購入したのですが…。娘が傘をさすと手をつなぐのが難しく、家の周りが車通りが多く道も狭いので、今の所は雨の日のお出かけにはレインコートばかり使うように。

ただ、レインコートだけではフード部分が脱げやすいので、レインハットを被らせるようにしています。

しかし、傘好きの娘は「傘!傘!」と雨の日には主張してきます。そこで、マンション前の広場や、小雨なら近くの公園などで傘をさす機会を設けるようにしています。傘をさす練習にもなりますし、一石二鳥ですよ!

雨の日が少しでも楽になるように

子どもにとって雨ふりはルンルンかもしれませんが、ママにとっては戦いの日!と、私は思っています(笑)

確かにレイングッズは、使用頻度は少なめかもしれません。しかし、イヤイヤ期の2歳ごろになると、自分でなんでもしたくなるので、レイングッズの有り難みも強く感じるのも事実です。

また、幼い頃は使用頻度が少なくサイズアウトしがちなので、可能ならばお下がりをもらうのもよいかもしれませんね。

【コミュ】みんなの神アイテム投稿をみる

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.