子育て情報『「イヤイヤ実態調査」第二弾、結果発表!』

「イヤイヤ実態調査」第二弾、結果発表!

2018年3月11日 20:20
 

関連リンク

・働くママは見た!トンデモ保護者たち!!
・ワーママ川柳 vol.71
・【1歳~】女の子・男の子に人気の「キッズレインコート&ポンチョ」6選
画像

イヤイヤ期の研究を行うチーム「イヤイヤ研」から、その実態を解明すべく「イヤイヤ実態調査」を実施。イヤイヤ期というと、その名称から子どもが様々なことに「イヤ」と言っているイメージがあります。しかし、実際にはイヤイヤ行動には実に様々なバリエーションがありました。全国のママ・パパたちが立ち向かっているイヤイヤの実態を解き明かします!

イヤイヤ研オリジナル『イヤイヤ行動リスト』

世の中の子どもたちはどのようなイヤイヤ行動をしているのか。0〜5歳の子どものいるママ・パパに、子どものイヤイヤ行動をヒアリングし、37種類のイヤイヤ行動を選定しリスト化したものです。

このリストをもとに、「我が子にあてはまるイヤイヤ行動はどれか」を調査したところ、「食べている最中に遊び始める」が圧倒的トップに。

2位は「遊び道具やおもちゃを片づけない」という片づけに関するイヤイヤ。3位は「出かけた先から帰りたがらない」となりました。

『イヤイヤ』は拒否行動だけじゃない!?

画像

「◯◯したくない!」という拒否行動に対して、「◯◯したい!」という行動も多く発生します。

様々な行動を拒否して親を困らせるのがイヤイヤ期の基本というイメージがある中、実際は真逆の「自分でやりたい!」というイヤイヤも多いことがわかりました。

わが子にあてはまるイヤイヤ行動

画像

家庭ごとに何パターンぐらいのイヤイヤ行動に振り回されているのか、「わが子にあてはまるイヤイヤ行動」の数を集計したところ、平均値は15.3個。

ママパパたちは日々、実に多くのイヤイヤ行動に対峙していることが明らかになりました…。

イヤイヤの表現方法は?

画像

子どもがイヤイヤを表現する方法について聞いた結果は…
・さけぶ
・いすわる
・あばれる
・にげる

の4つが基本であることがわかりました。

イヤイヤ期の語源である「何を聞いてもイヤと言う」は半数程度、ランキングではやや低めにとどまりました。

その他にも「嘘をつく」「物を隠す」という高度な駆け引きを伴うイヤイヤ表現も、割合は多くないものの一部の家庭で発生していることがわかりました!

『イヤイヤ期』現役ママのストレス解消法!

画像

1位「愚痴る」
2位「テレビ、ネットサーフィン、SNSをみる」
3位「お出かけする、ショッピングに行く」

外出など「活発・活動系」の解消法より、小さい子どもがいると自由に外出をするのが難しいためか、ジワジワと静かに解消する、家の中でできる「静かに過ごす系」のストレス解消法を取る人が多い傾向です。

「愚痴る」は、ネガティブな印象があるかもしれませんが、子供のイヤイヤに関する愚痴は、パパにとっては家での様子や子供の成長について情報収集できるいい機会です!

イヤイヤ期を家族みんなで乗り切るためにも、ぜひ前向きに愚痴を楽しんでいただきたいですね。

調査結果の詳細は、「イヤイヤ研」のサイトよりご覧いただけます

画像
イヤイヤ研webサイト

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.