子育て情報『貯蓄に回すお金、今のままで大丈夫?ファミリー世帯の平均から考えてみた。』

貯蓄に回すお金、今のままで大丈夫?ファミリー世帯の平均から考えてみた。

2018年3月30日 12:00
 

画像

家計の悩みって、どんなことがありますか?我が家では食費にお金がかかりすぎることです!倹約してもっと貯蓄に回したい…でも倹約しすぎると生活に潤いがなくなっちゃいそう。いったい皆は、どれくらい貯蓄しているんでしょうか?

意識しないとお金が貯まらない、子育て中の我が家。いくら貯蓄すべき?

いくら貯蓄すべきか…即ち、いくら倹約すべきか。

独身の頃は好きなことをしててもある程度は貯蓄できていました。でも、結婚して子どもが産まれたらそうはいかないのです!

仕事は減らすしかないし、株を運用する時間もないし、なのにこれから確実にかかるであろう教育費がズシッと心にのしかかります(汗)

やっぱり子どもが産まれたら、カフェのティータイムは諦めて家カフェ…もホドホドにして倹約すべき?皆どれくらい貯蓄してるの?

そもそも、必要な貯蓄額ってどの程度なんでしょうか?

我が家に必要な貯蓄を分類してみた

画像

我が家はアラフォー夫妻に子ども2人(5歳、1歳)の4人家族。必要な貯蓄は、住宅購入資金・子どもの教育費・老後資金の3つです。

住宅購入資金(頭金)はいくら貯める?
リクルート住まいカンパニー“『住宅購入・建築検討者』の実態調査(2013年度)”によると、頭金の平均は1,403万円。

我が家でも毎月5万円を財形貯蓄に回していますが、感覚的には『貯蓄』ではなく『ローンの先払い』です。

子どもの教育費、これじゃ足りないかも?!
1番の悩みはこれ。現在の貯蓄ペース(月2万円+児童手当)で果たして足りるのか…

文部科学省『平成28年度子供の学習費調査』及び平成21年度文部科学白書のデータから試算してみると、教育費はオール国公立の場合でも900万円~1,000万円、オール私立なら倍以上かかるという結果になりました。

全額が1度にかかることはないとはいえ、大金だけに不安です。

お子さまの教育資金の準備ならソニー生命老後資金は…後回し!
公的年金があまりアテにならなさそうな私たちの世代は、老後資金も気になるところ。生命保険文化センターの意識調査(『生活保障に関する調査』平成28年度)によると、『ゆとりある老後』を送るのに必要と考えられている額は夫婦2人で月々34.9万円だそうです。老後15年生きるとすれば、6,282万円!

「そんなにいらないや!」と月々25万円で計算しても4,500万円。退職金や年金である程度賄えるとはいえ、私にとってはもう思考停止するしかないレベルです(笑)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.