子育て情報『ママに見えないって言われたい!贅沢なしでいつまでも若々しくいられる簡単美容法3選』

ママに見えないって言われたい!贅沢なしでいつまでも若々しくいられる簡単美容法3選

2018年4月5日 12:00
 

画像

ママだって女性です。いつまでも若々しくいたいと思うママもたくさんいるはず。お金と時間をかければいくらでもキレイになれるんでしょうが、そこまでお金も時間もかけられないのが、ママの宿命…そんな私がいつまでも若々しくいるために最低限気にかけている美容とは?

お母さんらしいって褒め言葉?

「お母さんって感じになってきたな」1人目の娘を産んで半年ほどして、娘を抱っこひもで寝かしながらクイックルワイパーをかける私を見て、旦那に言われたんですが…。

鏡で自分を見ると、今まで見たことのない自分の姿が映っていました。

パサパサで完全にプリン状態になった髪の毛を黒いゴムで一つくくりにして、化粧気のない顔はパサパサの肌に目の下はクマで真っ黒。洗濯や洗い物を繰り返して、手はかさかさであかぎれ。

とっさに「そんなん言わんといて!」と言ってしまったんですが、旦那は「いや、抱っこしながら掃除してるからお母さんも板についてきたんかなと思って…」と笑っていました。

キラキラ美容はもう無理だと気付く

画像

自分の姿を見て、初めての子育てで必死だったとは言え、あまりのひどさに気付いた私。

出産前は雑誌を見るのが好きで、いつも眺めていたのに…ずいぶん雑誌を買っていなかったのですぐに購入しました。

子どもが寝たあと眠い目をこすって、キレイなモデルさんたちと自分の違いを研究。でも雑誌に書いているのは、お金も時間も私には手に届かないようなキラキラ美容でなかなか実践するのは難しい…。

朝5時や6時に起きたり、子どもが寝たあとに、ゆっくり半身浴をする…ヨガをする…マッサージをする…そんなの無理!(泣)

私がたどりついた最低限美容

雑誌のモデルさんや、タレントさん、キレイなママさんを見たり、5歳年下の妹に指示を仰いだりして、最低限どこに気をつけるべきかを研究した結果、たどりついた答えはこちらです。


年齢が出やすい手。子どもがいると、頻繁に手を洗うし、洗い物・洗濯もたくさんで、手はがさがさになりがちですよね。でも若い子や、きれいな人の手は触りたくなるくらいきれいなんです!それに気付いてからは、手を洗ったらハンドクリームを塗り、水仕事をするときは面倒ですが、ゴム手袋をするようにしました。

やればやるだけ肌は応えてくれるようで、気をつけると手はつるつるです。逆に気をつけないとすぐにがさがさに逆戻りするので、水回りの各所にゴム手袋とハンドクリームを常備しています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.