子育て情報『余裕なし!面倒くさがり!だめだめワーママの完了期&幼児食おすすめストック』

余裕なし!面倒くさがり!だめだめワーママの完了期&幼児食おすすめストック

2018年4月9日 20:20
 

画像

平日は仕事から帰ったら30分以内で夕飯準備。ただでさえ面倒くさがりで要領が悪いのに、作る余裕も時間もない!そんな私でも、保育園入園から2歳になった現在まで、なんとか息子に食事を作れているのは、時短を可能にしてくれるストック食材たちのおかげです。

ストック食材の魅力は時間をかけずに手作りできるところ!

食事はできるだけ手作りしたい。でも平日に要領よく夕飯を作れるほど料理が得意ではないし、土日が平日の夕飯の下ごしらえで潰れるのも嫌!

そんな、だめだめワーママのわがままを可能にしてくれているのは、手製の冷凍食品だったり、缶詰や乾物など加工してすぐ使えるものです。

我が家では、ハンバーグ、コロッケ、ミートソース、カレー、そして野菜入りホットケーキなどを作るときは、大量に作って冷凍してストックにしていますが、今回は簡単で多用途なストックをピックアップしました。

基本中の基本!とにかくマストな冷凍野菜たち

画像

もともと食にあまり興味のない息子は、ムラ食べ期に入って、野菜をあまり食べてくれなくなりました。ニンジンも口に入るとぺっぺっと吐き出す始末。

そのため、何種類かストックして、その日に食べたいと言った野菜をチョイスしたり、何かに混ぜてごまかしたり。ちょっと工夫が必要なこともあり、普段野菜を茹でている余裕がありません。

そこで愛用しているのが、手製の冷凍野菜です。

玉ねぎ
私としては、冷凍が便利な野菜第1位です。みじん切りや薄めのスライスにして、生のまま冷凍するだけ!

玉ねぎは冷凍すると繊維が壊れて柔らかくなるので、時短にもなります。

我が家はこれで、よく丼物をつくります。めんつゆを薄めて、そこに冷凍のまま玉ねぎを入れ、温まったら鶏肉やトンカツなどを入れて温め、溶き卵でとじるだけ。帰って15分くらいでしっかり夕飯が作れます。

また、レンチンで解凍するだけで、玉ねぎが甘くトロトロに茹でたような状態になるので、ツナマヨにまぜたりも。朝ごはんの時間短縮にもなります!
ほうれん草&小松菜
茹でて刻んで、が案外面倒な葉物野菜。茹でて冷凍しておくと、解凍後も食感や風味があまり変わらず使いやすいので常備しています。

私はいつもみじん切りにしたものを細長い板状にしておいて、必要な分だけ折って使います。

お味噌汁に入れたり、卵焼きに入れたり。息子は卵焼きに入れると大体食べてくれるので、野菜不足だなと感じる時のお助けアイテムです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.