子育て情報『イライラする時どうしてる!?私のポジティブ育児を支える言葉&考え方』

イライラする時どうしてる!?私のポジティブ育児を支える言葉&考え方

2018年4月5日 20:20
 

画像

育児中のイライラ。どうにも抑えきれずにパパや子どもに当たってしまってしまって落ち込むママも少なくないはず。実際私もそうでした。でも、ずっとイライラしているのってもったいないと思います。イライラにとらわれない私の言葉と考え方とは…!?

イライラしてる自分が嫌になるその前に、ポジティブに変換

あなたの育児中のイライラの原因って何ですか?

・言う事聞かない子どもにイライラ
・察してくれない夫にイライラ
・今までの生活とは全く違ってイライラ
・周りの言葉にイライラ

イライラの原因は人それぞれ。私もいろんな場面でイライラしますが、そんな自分はあまり好きではありません。

イライラに飲み込まれる前に、ポジティブ変換するのが私流です!

イライラする時どうやってポジティブに変換するの?

画像

どれだけ子どもや夫を愛していても、イライラすることだってある。というか、自分に余裕がないとイライラしっぱなしかもしれません(笑)

「イライラするのも普通の感情」
「こんな子どものすることにいちいち腹を立てる自分が情けない」
「もっとおおらかに子育てできる自分になりたい」

私はイライラしてしまう自分をこんな風に思っていました。でもイライラは募るばかり。この気持ちをポジティブに変えてくれた言葉。

「私だって人間。イライラするのも普通の感情」

イライラしてしまう自分をさらに責めるのではなく、まずは肯定しました。そうしたら気が付いたのです。

「イライラするのが悪いんじゃない。イライラにとらわれて何でもかんでも腹が立ってしまうのが良くないことなんだ」と。

イライラしたら「それ、イライラするからやめて」って伝えていいのだと。

「私、頑張ってるわあ」
イライラしたら、「私、頑張ってるわあ」と口に出します。

「頑張っているのにまだまだ足りない」と自分も他人も思いがちなのが育児。

どれだけ頑張っても目に見える評価はありません。

ならばまず、自分が自分自身を評価しようと思ったんです。「あなたはとても頑張っているよ。ありがとう。」

「おもろいなあ」を探す
育児のイライラの原因の1つ、それは「必死になってしまうこと」です。

「一生懸命」と「必死」は似ているけど全然違うこと。

必死になると周りが見えなくなります。でも育児には一呼吸おいて周りを見渡せる余裕が一番必要だと思います。

私にとってその一呼吸ができる方法は「おもろいなあ」を探すことでした。

「ギャン泣きしている我が子をどうにか泣き止ませようと焦る」から「おもろい(面白い)顔して一生懸命泣いてるなあ」と思うと、状況を冷静に見ることができてとふっと肩の力が抜けたんです。

私の子育てでのイライラって、ほとんど「どうにもならない状況をどうにかしなくちゃと焦り、うまくいかない」ことから起こっているんだと気づきました。

ならばもう、開き直って「どうしてこんな反応をするんだろう?」と反応や状況を面白がることにしたんです。

「うちの子たち、ほんまおもろいわあ~」

「大好き」をちゃんと伝える
人って「楽しいから笑う」んじゃなく、「笑うと楽しくなる」そう。

だから「大好き」をいつも繰り返すようにしています。

「イライラする出来事」ではなく「夫や息子たちが大好き」と言う気持ちにフィーチャーします。

そうして過ごしてもイライラする時はします。でもあとを引きずったりしません。

「子どものことが大好き」当たり前の感情だから口に出さない、ではなく「大好き」って言うことでさらにその感情があふれる気がします。

「イライラするけど、大好きなんだよね~」

イライラはする、でもとらわれない

画像

子育てに限らず、何かに一生懸命取り組んでいるとイライラしてしまう事もあります。

でもそれって普通のこと。必要以上に自己嫌悪に陥る必要はないと思います。

そして、必要以上に「イライラを引きずらないこと」が一番大切なんだとも思います。

にこにこだけがポジティブじゃない。自分の気持ちをちゃんとコントロールして伝えられることが大切だと思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.