子育て情報『妊娠何週目で性別がわかるの?女の子は確定しにくい?』

妊娠何週目で性別がわかるの?女の子は確定しにくい?

2018年4月7日 12:00
 

画像

妊娠すると次に興味深いのは、男の子か女の子どちらが誕生するのか?という事ですよね。どのような仕組みで性別が決まるのか?産み分け方法などあるのか?気になることを調べてみました。

赤ちゃんの性別の決まり方

ある程度の週数が経過しないとわからないですが、実は精子と卵子が受精した瞬間に、男女の性別は決まっています。

精子にはX染色体とY染色体があるのですが、卵子とY染色体の精子が受精すれば男の子、卵子とX染色体が受精すれば女の子となります。

つまり性別を決める要因は、受精する精子が持つ染色体という事になります。

そしてもちろん、受精した後に性別が変わる事もありません。

もし途中で変わったというケースがあるなら、それはエコー検査での医師による見間違いだけに限られます。

性別はいつわかるの?妊娠何週目?

赤ちゃんの性別は受精した時に決まっていますが、妊娠中のエコー検査で染色体が見える訳ではありません。そのため性別が判明するのは少し時間がかかります。

具体的にいつになったらわかるか?と言うと、早い人の場合は妊娠12週あたりからわかる場合もありますが、一般的には妊娠18~20週が多く、21週を過ぎると判別しやすくなります。

性別判定は産婦人科でのエコー検査で行う事ができます。外性器で判定されますが、検査中に赤ちゃんが背中を向けていたり、足を閉じていると性別がわからない事もあります。

赤ちゃんの性別は先生に聞いてもいいの?

赤ちゃんの性別について、気になる場合は医師に聞いても問題ありません。

ただし、いつ聞いても大丈夫という訳ではなく、まだ外性器が確認できない段階で聞いてみても、医師もまだ何もわからない状況なので答えられません。

また何となく形がわかる頃になっても、正確に判別できるようになるまで教えて貰えない事もあります。

逆にこちらから質問しなくても、外性器が見えた時にポロッと医師から伝えられる事もあるので、もし生まれてくるまで性別を楽しみにしている場合は、最初から医師にその旨を伝えておいた方が良いかもしれません。

妊娠中に赤ちゃんの性別を知るメリット

妊娠中に必ず赤ちゃんの性別を知っておかなければいけない訳ではありませんが、最近は知りたいと思う人が圧倒的に多いです。

妊娠中に性別を知っておくメリットは、まず誕生する前に洋服などを準備できる事です。

兄弟がいてお古などがあれば良いですが、初めての子供の場合は準備するべきものが多いです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.