子育て情報『妊娠中の筋トレで骨盤底筋を鍛える!産前産後でもオススメなやり方やメニューをご紹介♡』

妊娠中の筋トレで骨盤底筋を鍛える!産前産後でもオススメなやり方やメニューをご紹介♡

2018年4月6日 20:20
 

画像

妊娠すると「骨盤底筋を鍛えよう!」みたいなフレーズを度々目にすると思いまますが、鍛えるとどんな良いことがあるのでしょう?やり方も一緒にまとめてみました♡

妊娠中に筋トレをすすめる理由

妊婦は体を大事に無理をしないようにと言われる事が多く、それは事実です。だからといって全く運動をしないと体力が落ちてしまいます。

また、妊娠中に筋トレをする事で血行が良くなる・ストレスの発散・骨盤底筋群を強くする・体重増加の防止などメリットもたくさんあるのです。無理のない程度に筋トレをやって出産の時にそなえることをおすすめします。

血行がよくなる
妊婦に筋トレが良い理由の1つとして「血行が良くなる」事があげられます。

妊娠によりどんどんおなかが大きくなると背中を反ったような姿勢になりがちで、これによって骨盤周囲の筋肉を緊張させる結果となり、血流が悪くなります。

それを予防するためにもマタニティエクササイズといわれる妊婦向けの筋トレのような運動をしておくのが良いです。

ストレス発散
妊娠すると普段の自分とは違う体の変化が起き、ストレスを感じやすくなる人は多いです。

そういう時に筋トレなどをして体を動かす事で気分転換となり、ストレス発散につながります。

じっとしていると考え事をしてしまうため、心配な事や不安な事があると気になるあまりにイライラとしてしまう場合があります。ストレスは血流不良にもつながるので、体を動かして発散するのがおすすめです。

骨盤底筋群を強くする
骨盤底筋とは骨盤の底にある筋肉の事で、膀胱と子宮、そして直腸といった臓器を支える役目を持っています。

もう1つの役目は尿道や膣、肛門を締めるという役目です。おなかが日々大きくなってきた時も、出産時に赤ちゃんが産道を通る時にも活躍するのがこの骨盤底筋なので、この筋肉を強くする事はとても重要です。

体重増加の防止
妊娠中の問題となりやすいのが体重が過剰に増えてしまうことです。特につわりが軽くなる時期にはその反動もあって食べ物がとてもおいしく感じます。

つまり、それだけ体重が増えやすい時期だという事です。過剰に体重が増えると血圧や血糖値などにも悪影響が出てしまい、あまり良い事とは言えません。だからといって妊婦にハードなダイエットは禁物です。

そうならないためにも普段から筋トレをしておくと効果的です。

妊娠中に筋トレをしてはいけない人

妊婦で筋トレをしてはいけない人もいますので、気をつけましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.