子育て情報『蕎麦は妊婦が食べてもいい?気になる胎児の蕎麦アレルギー』

蕎麦は妊婦が食べてもいい?気になる胎児の蕎麦アレルギー

2018年4月14日 18:00
 

画像

妊婦が蕎麦を食べたら赤ちゃんがアレルギーになってしまうのではないかと心配している人もいるでしょう。また、同じ理由から妊娠中は牛乳や卵などを一切食べない人などもいるということですが、実際のところどうなっているでしょうか。

妊婦は蕎麦をたべてもいいの?

結論から言うと、妊娠中にそばを食べても全く問題ないとされています。

妊娠中の食べ物が胎児に影響を及ぼし、アレルギー持ちを引き起こすという医学的根拠は全く無いとされているからです。

ただし、産後授乳中になると話が変わってきます。

授乳中には注意が必要

授乳中に蕎麦を食べる場合、親族に深刻なアレルギーを持っている人がいる時は避けた方が良いかもしれません。

しかし、そうでない場合は基本的に食べてもいいとされています。

母乳に食物の成分が移行するのは0.5〜1.5%程度と言われており、食べたものが全て胎児に届いてしまうというわけではありません。

そのため食べすぎなければそこまで神経質にならなくても良いでしょう。

蕎麦を食べてから授乳をして赤ちゃんの肌が赤くなったり、発疹やじんましん、下痢などの症状が発生してしまうこともあります。

このような症状が出るとアレルギーなのではないかと心配になってしまうかもしれません。自己判断でアレルギーと考えるのではなく、まずはドクターに相談してみると良いでしょう。

心配な場合は蕎麦を食べた後の授乳はできるだけ間隔を空け、1回目の母乳を捨てて2回目の母乳から与えるという方法がおすすめです。

蕎麦には妊婦に必要な栄養素がたっぷり

食べて害なしなのであれば、ミネラルを豊富に含む蕎麦は妊婦におすすめの食べ物です。

疲労回復に良い
蕎麦にはビタミンやミネラル、タンパク質、鉄分、食物繊維などといった栄養素が豊富に含まれています。特にビタミンB1には疲労の回復をサポートするという役割がありますし、妊娠中には欠かせない栄養素です。

不足すると食欲低下やイライラの原因になってしまうので注意しましょう。また、妊娠中は赤ちゃんに優先的に鉄分が送られるため、普段よりも多くの鉄分が必要とされています。

妊婦が貧血になると眩暈や立ちくらみといった症状が発生してしまうので注意しましょう。疲労を回復させたい人や貧血を予防したい人にはおすすめのレシピです。

ダイエット効果が期待できる
妊婦の悩みの一つとして体重がどんどん増えてしまうということがあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.