子育て情報『妊娠3か月目はつわり真っ最中!3人の妊娠で体験したそれぞれの辛さとは』

妊娠3か月目はつわり真っ最中!3人の妊娠で体験したそれぞれの辛さとは

2018年5月1日 10:00
 

画像

私には3人の子どもがいます。妊娠2ヶ月目からのつわりがピークに達し、共通して一番辛かった時期が妊娠3か月目。常に気持ち悪いのに毎日の家事や育児はしなければならない辛い毎日…しかも毎回辛さが違う!3人いれば3通りのつわりがありました。

1人目の妊娠3か月目

一番最初の妊娠はもう8年前。初めての赤ちゃんで何も分からない状態からのスタートで不安もあり嬉しくもある気持ちでした。

初めて経験したつわり
ご飯の炊ける匂いはもちろん、揚げ物など油っこいものは特にNGになりました。確実に食べられるものといったらゼリー、トマトくらい。なぜか匂いと味の強いカレーライスは大丈夫でした。

この時期に辛かったのは料理と食材の買い出しです。つわりって不思議なもので、その食べ物を見たり想像したりするだけで気持ち悪くなるんですよね。

揚げ物を見て気持ち悪くなり、スーパーに漂ってくる匂いでも気持ち悪くなるんです。気持ち悪くなる場所にわざわざ行って体調が悪くなるので本当に嫌でした。

辛すぎて見た目は気にしていられない!
画像

とにかく体調が悪いので身だしなみに気を遣う余裕なんて無い!妊娠前までは外出するときにはメイクをしていましたが、つわりを機にすっぴんに。コンタクトレンズはメガネに変えてすっぴんを隠すマスクをして外出。

買い物と家事をするとき以外は横になったり座ったりして過ごすことが多かったですが、調子の良いときには近所を散歩して軽い運動もしていました。

2人目の妊娠3ヶ月目

2人目を妊娠したのが上の子が2歳のとき。またあのつわりが来るのかと不安な気持ちがありましたが、もしかしたら今回は軽いかもしれないと淡い期待を抱いていたのが2人目妊娠時です。

1人目と同じようなつわり
2人目も同じように妊娠2ヶ月目からつわりが始まりました。基本的に気持ち悪いけれど、食べられるものを食べれば気持ち悪さが治まる食べづわりに。

自分が何が食べたいかと考えてもすぐに出てこなくて、食べてみて初めて食べられるものと食べられないものが分かる状態だったので、料理のときが大変でした。上の子の育児が加わりさらに大変に
1人目のときと大きく変わったのが上の子がいるというところ。2歳というまだまだ理解できないことが多い時期の子どもを育てながらつわりを乗りきるのはとても大変でした。

ずっと家にいるわけにもいかないし、休んでいたいときも「のどが渇いた」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.