子育て情報『ベビーゲートは収納家具で代用!吹き抜け我が家の階段事情』

ベビーゲートは収納家具で代用!吹き抜け我が家の階段事情

2018年6月21日 10:00
 

画像

生後10か月の頃から階段に興味を示すようになった息子。11か月になった今では、支え無しでもどんどん階段を登れるようになりました!だけど、危なっかしい( ゚Д゚)そしてイタズラも増えて、3歳の娘が遊んでいる物を散らかし、口に入れることも。娘の遊ぶ環境を整えつつ、息子が階段を登らないようにした結果とは?

ベビーゲート代わりに、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス・大!

吹き抜けが素敵で購入を決めた我が家♡ただ、子どもの安全を考えると危険な家でもありました。

特に階段は隙間が多く、子どもなら落ちてしまいそう!

息子が階段を登らないようにベビーゲートをつけることを考えましたが、娘が一人で登れなくなる可能性や、そもそも付けられないのではないかと思い、ベビーゲートは付けていません。

そこで思いついたのが家に収納家具として置いてあった、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス・大。使ってみると最適でした♡

ママが乗っても大丈夫!
娘が乗っても、私が乗っても壊れないほど頑丈な作り!なので、またがずに乗っても大丈夫。

以前は、大型遊具のジャングルジムを階段横に置いていましたが、私が乗るとキシキシ音が…。

子どもを抱っこしていて、またぐことが難しい時でも、気兼ねなく乗ることができます!

階段からそのまま頑丈収納ボックスに飛び石のように移動することも可能です(^^)/

息子にいじられたくない大事な物を収納!
娘はお絵かきや工作が大好き♡そして、赤ちゃんって紙類好きですよね~。もちろん息子も狙っています!

そんな息子にはいじられたくない紙・ペン・絵本などは、頑丈収納ボックスの中に収納しています。

中に物を入れれば重みも出て、息子がつかまり立ちをしても、ズレて動くことはありません!さらに下にジョイントマットを敷けば、中身が少なくて軽くなってもズレません。

娘の遊ぶスペースも確保!

画像

息子が動き出す前は、階段下が娘の遊ぶスペースでした。ですが、邪魔をされることに怒った娘が、息子に引っ掻き攻撃することも!そこで、階段の踊り場を娘の遊び場にしました。

頑丈収納ボックスを階段の踊り場に置いていた時期もありましたが、娘が遊ぶのに狭そう。高さもあるので、遊ぶスペースにも行きにくい様子。

そこで遊ぶスペースを広くした、今のスタイルとなりました。

頑丈収納ボックスを下に置くことで、床でも遊ぶことができ、この高さなら登って行くことができます!

息子も1段目まで登って、転んでケガすることが無くなったので良かったです♡

茶色の箱は、おもちゃ箱。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.