子育て情報『新生児育児でノイローゼ寸前に…。寝ない飲まない吐き戻す!過酷過ぎた1カ月』

新生児育児でノイローゼ寸前に…。寝ない飲まない吐き戻す!過酷過ぎた1カ月

2018年7月11日 10:00
 

画像

やっと産まれた赤ちゃんを胸に抱くママ…まさに感動的な瞬間です!しかし感動の対面から数時間、息つく間もなく始まる育児。新米ママと新生児の組み合わせはまさに「最悪」でした(笑)心身共に疲労困憊、ついに育児ノイローゼ寸前に!本当に過酷な1カ月でした…!

打ち砕かれる産前の理想!現実は甘くはない(笑)

赤ちゃんの目を見つめながら、微笑みを浮かべるママ…。私が産前に思い浮かべていた赤ちゃんとママのシーンです。

だから思っていました。私も同じように幸せな赤ちゃんとの時間を過ごせるはずだと…。

しかし現実は甘くはありませんでした。初めての育児は全くうまくいきません。

理想と大きくかけ離れた産後に、ノイローゼ寸前の日々を過ごすことになってしまったのです…!

授乳ってこんなに大変なの?!

画像

まず直面したのは「授乳問題」です。

私は母乳推進の総合病院で出産しました。授乳指導はスパルタ!出産後すぐに分娩台の上で初回授乳を行い、翌日からは母子同室です。

初めての出産を終え2時間後、さっそく授乳指導が始まりました。しかし、全くうまくいきません。

上手く吸えない息子、おっぱいの含ませ方すらわからない新米母…!初心者同士の授乳はまさに死闘でした。

その後もなかなかうまくいかず、次第に授乳の時間が憂鬱で怖くなりました。

当時私は4人部屋に入院していましたが、初産婦は私だけ。他のママはみんな授乳が上手で、優しい声をかけながらおっぱいをあげていました。

「みんなは出来ているのに私だけ出来ないんだ…(泣)」と、どんどん思考がネガティブになっていったのです

眠い!眠い!お願い寝かせて…

画像

さらに「睡眠不足」が追い打ちをかけます。

産前、友人たちからよく言われた言葉があります。「赤ちゃん産まれたら寝られないからね。今のうちに寝ておいた方がいいよ!」
この言葉の意味を、ひしひしと実感することになりました。

とにかく息子は寝ませんでした。授乳がうまくいかない新米ペアには、添い乳と言う高等技術は到底使えません。口に含ませるだけで精一杯なので、息子は空腹で泣き続けます。

泣き止まない息子を抱えたまま、私も一緒に泣いていました。今思えば、すでにまともな精神状態ではありません。

真っ暗な部屋で息子と二人、本当に孤独でした。「とにかく泣き止んで!」とその一心です。かわいいと思う余裕などありませんでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.