子育て情報『トラブルから始まった母乳育児!痛みとの戦いから母子2人で成し遂げたミルク卒業』

トラブルから始まった母乳育児!痛みとの戦いから母子2人で成し遂げたミルク卒業

2018年9月22日 12:00
 

画像

妊娠前、お医者さんに「あなたは乳腺が多いからおっぱい沢山出るわよ」と言われていた私。当然のように母乳で育てていくと考えていました。しかし、母乳育児はそんなに簡単なものじゃなかった…。現実では、妊娠前に予想もしていなかった問題が待ち受けていました。

退院後すぐ2度の高熱からおっぱいマッサージへ

産後の入院中は母乳だけでは十分に体重が増えず、ミルクを足していました。そんな私は退院後すぐにトラブルに見舞われます。

退院後すぐの授乳スタイル
退院後すぐのとき、授乳は左右15分ずつ(病院で指導された方法)でした。

それ以上泣いたりして欲しがるときには、搾乳した分orミルクをあげます。それでもさらに欲しがれば再びミルクをあげるといったスタイルでした。

私のおっぱいのあげ方は下手だった!
そんな中、退院してすぐに2回高熱を出してダウン。

姉が同じ経験していたのですぐに乳腺炎を疑い、おっぱいを飲んでもらって熱は下がりました。そして2回目の発熱後に桶谷式のおっぱいマッサージに行きました。

そこではじめて授乳が下手だと指摘され衝撃を受けます。

赤ちゃんの飲み方が浅飲みだったのです。これは病院では「上手です!」と褒められていたのでとにかく驚きでした。

そのためまず、赤ちゃんにできるだけ深くくわえさせることを指導されました。

生後3週目…おっぱいはズキズキ・ヒリヒリ

画像

このとき日によってミルクを足す量は変わり、1回だけのときもあれば多くて日に4回ミルクを足していました。

毎回の授乳が憂鬱な日々

正しいおっぱいのあげ方を知っても、その日から正しくできるわけではありません。

それどころか、正しくないあげ方が続いているせいで、おっぱいはズキズキ、乳首はヒリヒリと痛みは増す一方…。授乳時以外も常に痛い状態です。

このとき、1日に何度もある授乳が憂鬱で仕方がありませんでした。

それでも頻繁におっぱいを欲しがる娘。口をパクパクさせて吸おうとします。そのたびに、「大きな口~あ~ん!」と言いながら必死に授乳をしていました。

痛みから、おっぱいを休めるためにミルクをあげることも何度かありました。しかしそのときは自分の都合でミルクをあげていることに、罪悪感でいっぱいに…。

授乳でも、ミルクでも、精神的に落ち込んでいく一方でした。

はじめての「おっぱいが出てきた感覚」に感動!
一方で嬉しかったのが、はじめておっぱいが出てくる感覚を感じられたことです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.