子育て情報『ママも熱中症になるの!?短時間の外出でも授乳中は水分補給が必須だったようです…』

ママも熱中症になるの!?短時間の外出でも授乳中は水分補給が必須だったようです…

2018年8月14日 15:00
 

画像

真夏に子どもとお出かけするとき、心配なのは子どもの熱中症ですよね?子どもを優先して水分補給させたり休ませたり、ママは外出先で気を配っていると思います。けれども、ママ自身のケアを忘れていませんか?特に授乳ママは熱中症になりやすいそうで…。それを知らずに倒れた、私の熱中症体験をお伝えします!

倒れる前の私の行動

苦い思い出となっている数年前の真夏日。その日の行動を振り返って、どこに問題があったのか考えてみたいと思います。

赤ちゃんと久しぶりのラブラブデーで大張り切り!
その日は夫が友人の結婚式に出席するため、長男を連れて帰省をしていました。夏休み中ずっと0歳と4歳の息子のお世話に明け暮れていた私は、久しぶりに次男と2人きりの時間を過ごせることに張り切っていたのです。

当時の次男は外出先で大人しい子だったので、午前中は騒がしい長男とはなかなか行けない自分の病院や図書館に行き、そのままスーパーで少し高価なお弁当を購入して、午後はのんびり自宅で過ごして早めに就寝しようという計画でした。

そういえば水分補給をしていなかった…
次男にはストローマグに麦茶を入れて持たせていたのですが、自分用の飲み物は持参していませんでした。真夏日とはいえ、短時間の外出だったし、外出中喉の渇きも感じることはありませんでした。

病院とスーパーをはしごして、冷房の効いた図書館で過ごしているとき、何度か感じた眩暈…。「夏バテかな?」と、早めに切り上げることにして、また35度近い外を歩いて帰宅しました。

帰宅して始まった体調不良

帰宅するとすぐに冷房をつけて、麦茶を飲みました。さすがにぐずり出した次男に授乳をしながら、何となく体調の悪さを感じていました。それでも、その日はちょうど土用の丑の日だったので、奮発して買った鰻弁当を食べなくちゃ!と、温めて食べ始めたのです。けれども、大好きな鰻を美味しく感じませんでした。

鰻を食べてすぐに、あまりの気持ち悪さに嘔吐。汗をダラダラかいて暑いと感じていたはずなのに、嘔吐したときにはものすごい寒気を感じていました。

トイレから出たら、今度は頭を思いきり縛りつけられるような激しい頭痛に見舞われました。全く動くことができなくなり、しばらく冷房の効いたリビングで次男と2人で横になっていました。

熱中症の症状はイメージとは違う!

画像

個人的に熱中症とは、「顔が赤くなり熱が出てぐったりする」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.