趣味も生かせる! 子育てママが“在宅ワーク”で稼げる資格9選

2017年3月22日 20:00
 

趣味も生かせる! 子育てママが“在宅ワーク”で稼げる資格9選

こんにちは。メンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。

仕事をしたいけど、「子育てや家事のことを考えると大変なのではないか」と思う方も多くいらっしゃると感じています。

在宅で仕事ができたら、通勤時間を家事に当てたり、 子どもと過ごす時間を多く取ったりすることができますからね。

今では、企業でもそのような動きにシフトチェンジしてきています。

しかし、全ての会社がそうなるわけではありませんので、在宅で稼ぐことのできる資格を持つ方法をとるのがいいかと思います。興味のある事柄で分けてご紹介します。

●子育て関連の資格

“子育てに関する仕事”は、わが子を育てている延長上にあります。そのため資格を取ることで、意外と早い段階で仕事に結びつきます 。

その資格とは、

・保育士(多少条件があります)
・認定ベビーシッター(全国保育サービス協会の認定資格)
・チャイルドマインダー(イギリスで誕生した少人数での保育スペシャリスト)
・ベビーマッサージ

などです。資格取得後は、在宅で保育を仕事として活動することができます。

お住まいの都道府県に届けを出したり、ベビーシッター事業に登録したりすることで仕事ができるようになります。

●趣味を活かした仕事関連の資格

元々インテリアに関することが好きだったり、食に関することが好きだったりするという人は、好きなことを仕事にできます。

資格を持っていればなおのこと有利に働きますので、関連する資格を取っておくことをお勧めします。

・インテリアコーディネーター
・整理収納アドバイザー
・ネイリスト
・食育実践プランナー(食に関するさまざまな知識・教育の面で活躍できる資格)

などがあります。

インテリアコーディネーターや整理収納アドバイザーなどは、クラウドソーシング などを利用することで仕事を見つけることができます。

また、そういった関係のWebライターとしても知識を活用できますので、仕事に結びつきやすいです。

もの作りをするなら、家で作業してフリーマーケットや雑貨屋などに置いてもらうといった方法もありますし、オークションサイトやネットショップを運営してもいいでしょう。●事務関係の資格

事務関係というと、簿記などを思い浮かべるかと思います。今は、こういった資格があると力強いです。

・MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

MOSとは、WordやExcelの技能を開発元のマイクロソフト社、自らが証明する唯一の国際資格です。世界基準の資格 ですので、どこでも通用します。

事務関係の仕事は、パソコンがあればどこでも仕事ができるという利点があります。

クラウドソーシングなどのさまざまなネット求人で仕事を見つけることができます。小さい子どもがいても、家でしっかり仕事ができるというわけです。

●おわりに

子どもが病気のときに家にいてあげたい、子どもが帰ってくる時間には家にいて「おかえり」と声をかけてあげたいなど、子どもを中心とした生活をしたいと考えている方が多いでしょう。

それを叶えるためには、稼げる資格を持っているのとそうでないのとでは大きな違いがあります(稼げる額も変わってきます)。

自分に向いている・やれそうと思ったことに目を向けてみましょう。在宅で稼げるという特権をフル活用するために、一歩踏み出してみませんか。

【参考リンク】
・公益社団法人全国保育サービス協会(http://www.acsa.jp/index.htm)
・1人でも乳幼児を保育する(預かる)事業を行う皆様へのお知らせ | 厚生労働省(PDF)(http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/kodomo/files/280108ninkagai.pdf)

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)
●モデル/NANAMI(RIRIAちゃん)

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.