子育て情報『セキュリティ面が不安!? 話題の“民泊旅行”の問題点と楽しみ方』

2017年4月25日 20:00

セキュリティ面が不安!? 話題の“民泊旅行”の問題点と楽しみ方

セキュリティ面が不安!? 話題の“民泊旅行”の問題点と楽しみ方

こんにちは。ライターのyossyです。

最近、民泊仲介Webサイトが注目を集めています。人気が出ている一方で、実態が不透明なことを問題視する声も。

では、そもそも“民泊”とは何でしょうか。その問題点や楽しみ方についても解説します。

●“民泊”では、個人所有の家・別荘などを借りて泊まる

“民泊”のしっかりした定義はありませんが、厚生労働省は以下のような見解を述べています。

**********

『法令上の定めはありませんが、住宅(戸建住宅、共同住宅等)の全部又は一部を活用して宿泊サービスを提供することを指して、「民泊サービス」ということが一般的です。』

**********

個人の家や空き家、別荘等を有効活用したい人や、さまざまな国の人を受け入れてコミュニケーションをとりたい人などがホストとして宿泊先を提供しているケースも多いのだとか。

民泊仲介の某有名Webサイトでは、グローバルに多種多様な宿泊先を探すことができます。

『BIGLOBE旅行』の調査(2017)によれば、ゴールデンウィークに1泊以上の旅行を予定している人のうち、9割は民泊を認知しているそうです。

随分認知度が高いですね。ただ、利用しようと思っている人は2割程度 と少なめです。

●無許可も多い? 民泊のリスク

ビジネスとして継続して宿泊先を提供する場合、本来は旅館業の許可を受ける必要があります。

でも、友人を泊める延長線で考える人も多いのか、民泊では無許可なケースも多い ようです。

厚生労働省の平成28年の調査では、以下のような結果に。

・許可……16.5%
・無許可……30.6%
・物件特定不可・調査中等……52.9%

そもそも、民泊仲介サイトでは住所が詳しく記載されていないことが多く、物件を特定することも難しいのだそうです。実態を把握できないんですね。

どこまでは許可が必要で、どこからは必要ないのか、そのあたりの線引きも非常に難しいところです。

また、宿を貸す側(ホスト)としては、ゲストの宿泊マナーやカギ・オートロックの悪用等が気になりますし、借りる側もセキュリティ面や宿泊環境が気になります。

例えば、

・分譲マンションを民泊に出し、ゲストが騒ぐ・共用部を汚すといったトラブル が起きた
・ゲストをオートロックの内側に入れることに関して、他の住人からセキュリティ上不満の声 が上がった

といったこともあるようです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.